ちゃんと枠から抜け出す、パソコン1台で起業する。

【音声】世の中は100%1人残らずアホである。〜糞づまり人間とおかわり成功者〜

この記事は2分で読めます

ahoho

どうもー!昨日に引き続き今日も今日とて音声コンテンツを配信しまーす!

 

今回は第3回というか、第2.5回みたいなニュアンスの内容ですね。
(これまでの音声記事は下部にリンク載せておきます)

 

いつもの如くサラッと内容を列挙すると、

 

・ホメオスタシス(恒常性維持機能)は心にも働く
・人間の脳みそは民主制である
・顕在意識VS潜在意識
・世の中は100%1人残らずアホである
・枠から抜け出せない根本原因の定義
・オルテガの「大衆の反逆」
・糞づまり人間とおかわり成功者
・ちゃんと生きよや!っていうニュアンスの共有

 

こんなかんじです。

 

音声を録り終わって編集しながらふと思ったんですが、後半部分がちょっと毒舌が過ぎるというか、

まあそれもニュアンスなので仕方なきことなんですが、そこだけご理解頂いた上で聞いてもらえればなと。

 

これまで、

 

『抽象度』と『主人公感』を高めて、自分もしくは他人に設定されてる枠から抜け出そや!

 

的なことを伝えてきたわけですが、

ぶっちゃけそういう枠を抜け出すというのはムズいです、普通にムズい。

 

で、「それがなぜ難しいのか?」というもうちょっと根本的な話を、

脳科学的なところから説明したりしながら、その前提に立った上で、

「じゃあ如何に振る舞っていくべきか?いきたいか?」という話をしました。

 

んで、多分次回の音声が超絶メインコンテンツになるんですが、それが結構抽象度の高い内容なので、

そこをフルパワーでお伝えするためにこの第2.5回の音声を録ったというわけです。

 

なのでむしろ2.5とは言いつつも、個人的には逆に1番聞いて欲しい内容だったりします。

 

というわけで、音声はこちら!

(保存したい方はこちらをクリック)

 

感想等あらば、

kentarotamai01@gmail.com

までどうぞ。全部読ませて頂いてますし、時間の許すかぎり返信もしています。

 

ではでは!

 

関連記事はこちら↓

 

【音声】全ては『抽象度を上げる』ことで解決する、ということ。

【音声】枠から抜け出すために『主人公感(エフィカシー)』を強める。

オーディオ教材を聴くのが苦手な人にオススメしたい3つの物。

 


 著者プロフィール

  玉井健太郎(たまけん)

人生やばいと思って勢いで大学4年の頃にインターネットビジネスで起業し、3ヶ月で1千万円稼ぐものの、「仕事=労働」という枠を越えない限りは、「フリーターもリーマンも成功者も結局おんなじやん」ってことに気づき、そこから毎日鬼のように考えさせられる日々を送る。

で、なんやかんやあって「働き方を自分自身で再定義してやることでそういう枠から抜け出せる」ということに気づき、今はパソコン1台で起業することを教えながら、枠から抜け出すことが及ぼす人生に対する超絶なインパクトを、1人でも多くの人に伝えるべく活動中。

ぼくの活動理念や起業ストーリーはこちら



 最強のメルマガコミュニティ、やってます。


「1人で起業できるだけの武器や自信を身につけたい。」
「就活に強烈な違和感がある、レールから脱線したい。」
「今の会社を辞めて、自分のやりたいように働きたい。」


そんな、世の中に違和感を覚えるセンス溢れる人たちが集まるメルマガコミュニティを運営してます。

今メルマガ内で掲げているテーマは、

◯金銭的に自立できるだけの具体的な武器
◯己の人生を自分で切り開いていく圧倒的な体感


この2つをみんなに手に入れてもらうこと、です。

ひたすらに情報収集したり、知識だけ蓄えてもあんまり意味がない。
ちゃんと"身体感覚"レベルにまで落としてこそ、生き方・働き方のパラダイムシフトが起こせる。


まずは14日間でぼくと一緒に鬼のようにレベルアップしませんか?


というわけで割と濃厚なメルマガとなっております。ご覚悟くださいませw

「レールから脱線したい、枠から抜け出したい、自分の殻を破りたい」

あなたのご参加お待ちしてます。ワクワクすることをやろう。

ちゃんと枠から抜け出す、パソコン1台で起業するメルマガコミュニティ






※現在ご登録の場合、情報発信ビジネスの全体像と0から始める手順などを丁寧に解説した、
動画4本・PDF4本(全文書き起こしやレジュメ・音声も)を全て一気にプレゼント中です。
「世界一分かりやすい!」という声を、別に頂いてはないんですが、頂きそうな予感はしておりますw

※メールはいつでも解除できますし、ぼく以外からメールが来ることは2万%ありません。

あわせて読みたい

  1. taisyuu
  2. matorikkusu
  3. jinseityanto

著者プロフィール

玉井 健太郎(たまけん)

関西出身の東京在住。

人生やばいと思って勢いで大学4年の頃にインターネットビジネスで起業し、3ヶ月で1千万円稼ぐものの、「仕事=労働」という枠を越えない限りは、「フリーターもリーマンも成功者も結局おんなじやん」ってことに気づき、そこから毎日鬼のように考えさせられる日々を送る。

で、なんやかんやあって「働き方を自分自身で再定義してやることでそういう枠から抜け出せる」ということに気づき、今はパソコン1台で起業することを教えながら、枠から抜け出すことが及ぼす人生に対する超絶なインパクトを、1人でも多くの人に伝えるべく活動中。

RETURN TOP