ちゃんと枠から抜け出す、パソコン1台で起業する。

自己効力感

  1. naruto

    APR28

    【音声】枠から抜け出すために『主人公感(エフィカシー)』を強める。

    こんにちは〜今回は前回大好評だった音声コンテンツの続き、です!(前回の音声記事のリンクは下部に載せておきます)大好評だったかどうかは完全なる独断と偏見と勝手な思い込みなんですが...

  2. ara

    APR21

    この世で最も過酷な荒行を制した男、塩沼亮潤。

    「TV見るとか時間の無駄やしIQも下がるし最悪やろ。」とか言いながら、家にTVを置かない主義を貫くぼくですが、逆にその分人よりYouTubeばっか見て、TV見るよりずっと最悪な結果に陥った...

著者プロフィール

玉井 健太郎(たまけん)

1989年和歌山県生まれ。東京大学農学部卒業。大学在学中に友だちと資本金2円で起業。

ネットビジネスを猛烈に勉強し、起業後3ヶ月で1000万円ほど稼ぎ完全に調子に乗るも、それから3年もの間"働かなくても生きていける自由という名の絶望"を味わいビジネスが大嫌いになる。

その途中「『仕事=労働』という枠から抜け出さない限りは、経営者もフリーターも会社員も全員おんなじやん。」ということに気づき、自分の人生と目の前のビジネスを一致させることでそれを華麗に突破出来ることを知る。

今では、かつての自分のような糞詰まり方をする若者を1人でも減らすために、働き方の次元を高めるおもろさも同時に伝えながら、パソコン1台で起業する具体的な方法論をブログやメルマガで教えたりして、やりたいことを仕事にできています。てかこれ割とみんな出来る。

「起業したい」「就活したくない」「会社辞めたい」そんな人の強烈な味方を自負しておりまする。
ぼくの活動理念や起業ストーリーはこちら

RETURN TOP