ちゃんと枠から抜け出す、パソコン1台で起業する。

ビジネス論

  1. bunsi

    JUN30

    分子生物学から垣間見えるインターネットビジネスのこれから。

    生命は機械ではない、生命は流れだ。byルドルフ・シェーンハイマービジネスだったり会社だったり組織だったりは、よく『生き物』として捉えられるわけで、それは、成長とか進化と...

  2. nikyokuka

    JUN28

    これからのインターネットビジネスは二極化するっていう話。

    さてさて、ビジネス哲学とか商人道とか職分の追求みたいな話はむちゃむちゃ大事であって、本質的ゆえに今も昔も変わらないので、古い本や文献からも学べることは死ぬほどあるわけですが、・マーケテ...

  3. スクリーンショット 2016-06-03 2.16.47

    JUN03

    一体いつからビジネスは奪い合いの競争だと錯覚していた?

    「なん...だと...!」てなわけで久方ぶりの記事更新なのに元ネタ知らない人すいませんwwというのも、最近こういうメールをもらったんですね。...

  4. antonaku

    APR10

    『なんとなく』は人生のあらゆる諸悪の根源である、ということ。

    はい、いきなり何言うてんねん的なタイトルですが、これはぼく自身が日々死ぬほど大事にしてることでもあり、この記事を読んでくださったあなたも、この視点を持つだけで日...

著者プロフィール

玉井 健太郎(たまけん)

1989年和歌山県生まれ。東京大学農学部卒業。大学在学中に友だちと資本金2円で起業。

ネットビジネスを猛烈に勉強し、起業後3ヶ月で1000万円ほど稼ぎ完全に調子に乗るも、それから3年もの間"働かなくても生きていける自由という名の絶望"を味わいビジネスが大嫌いになる。

その途中「『仕事=労働』という枠から抜け出さない限りは、経営者もフリーターも会社員も全員おんなじやん。」ということに気づき、自分の人生と目の前のビジネスを一致させることでそれを華麗に突破出来ることを知る。

今では、かつての自分のような糞詰まり方をする若者を1人でも減らすために、働き方の次元を高めるおもろさも同時に伝えながら、パソコン1台で起業する具体的な方法論をブログやメルマガで教えたりして、やりたいことを仕事にできています。てかこれ割とみんな出来る。

「起業したい」「就活したくない」「会社辞めたい」そんな人の強烈な味方を自負しておりまする。
ぼくの活動理念や起業ストーリーはこちら

RETURN TOP