ちゃんと枠から抜け出す、パソコン1台で起業する。

情報発信ビジネスの思考とその戦略

  1. a42b97094fd7a175292510da54418448_600

    MAR02

    情報発信ビジネスはコンテンツで商売したら一生稼げない説。

    残寒厳しい日々が続いておりますが、みなさまお変わりございませんか?玉井です。ちなみにぼくは、3月から「早起き強化月間」と称して、夜更かししないよう、つとめております。...

  2. golden

    JAN11

    ゴールデンサークル理論から学ぶ情報発信ビジネスのコンセプト。

    「こんな情報発信をしてお金を稼ぎたいです!」「今度こういうセミナーやろうと思ってます!」仕事柄、そういう報告やそれに関する相談を受けることがよくあります。で...

  3. tensito

    DEC18

    モチベーションの源泉の抽象度が上がらんとしてる時こそ死ぬほどチャンス。

    ※以前メルマガコミュニティで配信した内容をリライトして記事にしています。家で1人で飯食うときって、食事に集中する派ですか?それとも何か動画とか見ながら食う派です...

  4. mental

    SEP21

    飯が食えるまでのスピードは集客のメンタリティで決まる的な話。

    "メンタリティ"というのは、あらゆる分野でその強さが求められるものというか、例えば、大学受験の本番当日とかスポーツの大事な試合とかもそうだし、人生フレームで考えてみても、会社を「えいや...

  5. peterdrucker400

    SEP20

    見込み客からこぼさず成約を取るためのドラッカー的な4つの質問。

    昨日はクソみたいな記事を更新してしまったということで、今日はちょっと真面目な話。プロモーションについて、です。ブログなりサイトなりで情報...

  6. dotinstall1

    SEP15

    HTMLとかCSSのくだりを3分動画で終わらせる方法。

    ちょい久々の更新となりましたゆえにお久しぶりとなりました、お久しぶりですこんにちは。人に「そういやブログずっと更新してなくね?」と言われて初めて、「ほんまや。」と気づくくらいにはブログ...

  7. insuu

    JUL31

    インターネットビジネスをわざと因数分解して考えてみるやつ。

    『ブログ飯』という言葉が流行ってる、のかどうかは知らないですが、なんか去年あたりからちょいちょい聞きますよね、このキーワード。「1人でパソコン1台で本当にブログで飯が食えるのか!?」...

  8. nikyokuka

    JUN28

    これからのインターネットビジネスは二極化するっていう話。

    さてさて、ビジネス哲学とか商人道とか職分の追求みたいな話はむちゃむちゃ大事であって、本質的ゆえに今も昔も変わらないので、古い本や文献からも学べることは死ぬほどあるわけですが、・マーケテ...

  9. スクリーンショット 2016-06-03 2.16.47

    JUN03

    一体いつからビジネスは奪い合いの競争だと錯覚していた?

    「なん...だと...!」てなわけで久方ぶりの記事更新なのに元ネタ知らない人すいませんwwというのも、最近こういうメールをもらったんですね。...

  10. copy111

    APR16

    コピーライティングと云ふ物を抽象度を上げて再定義してみる。

    汝、若しネットビジネスやらんとすれば則ち、先ずコピーライティングより始めよ。と、歴史上の偉人が言ったかどうかは知りませんがw、今日はそんな話です。ネットビジネスにおいて...

著者プロフィール

玉井 健太郎(たまけん)

1989年和歌山県生まれ。東京大学農学部卒業。大学在学中に友だちと資本金2円で起業。

ネットビジネスを猛烈に勉強し、起業後3ヶ月で1000万円ほど稼ぎ完全に調子に乗るも、それから3年もの間"働かなくても生きていける自由という名の絶望"を味わいビジネスが大嫌いになる。

その途中「『仕事=労働』という枠から抜け出さない限りは、経営者もフリーターも会社員も全員おんなじやん。」ということに気づき、自分の人生と目の前のビジネスを一致させることでそれを華麗に突破出来ることを知る。

今では、かつての自分のような糞詰まり方をする若者を1人でも減らすために、働き方の次元を高めるおもろさも同時に伝えながら、パソコン1台で起業する具体的な方法論をブログやメルマガで教えたりして、やりたいことを仕事にできています。てかこれ割とみんな出来る。

「起業したい」「就活したくない」「会社辞めたい」そんな人の強烈な味方を自負しておりまする。
ぼくの活動理念や起業ストーリーはこちら

RETURN TOP