ちゃんと枠から抜け出す、パソコン1台で起業する。

人生に通ずる働き方のステージ

  1. item19_megami2_l

    SEP23

    働かなくても生きていけるという自由をどう律するか?という問題。

    大学時代に起業してから早いもので4年もの月日が流れたんですが、「自分がおもろいと思うがままに生きていきたいから、就職というレールに乗らなかった。」というだけで、世間...

  2. bottou

    SEP17

    人生のフロー状態に入るために、必ず抑えておきたい本。

    自らの能力を最大限に引き出し、圧倒的なスピードで成長しまくる無敵状態。というのは、誰もが憧れることというか、みんながそれを達成すれば世界平和なんて2秒で実現する。&...

  3. bunsi

    JUN30

    分子生物学から垣間見えるインターネットビジネスのこれから。

    生命は機械ではない、生命は流れだ。byルドルフ・シェーンハイマービジネスだったり会社だったり組織だったりは、よく『生き物』として捉えられるわけで、それは、成長とか進化と...

  4. sukinakoto

    JUN26

    「好きなことで、生きていく」という言葉の違和感について。

    『ブログ飯』とか『YouTuber』っていう、生き方ってほど大層なことじゃないけど、まあそういう生計の立て方。ってのが浸透してきてるおかげか何かで、雇われずに、生きていく 好きなこ...

  5. enerugi-junkan

    MAY18

    【音声】お金・運・人間関係・感情・成功・引き寄せetc…を全て1つに統合するの最強説。

    はいどうもー!というわけで、今回はこれまでの音声シリーズ最後の配信です。・お金・知識・感情・運・人間関係・成功・引き寄せetc...を全て1つに統合する・こ...

  6. zinsei

    MAY18

    【音声】人生のステージを猛スピードで駆け上がっていくために必要なこと全部。

    いささかお久しぶりですってかんじになりましたが、こんにちは〜!今日も今日とて前回の続き、音声配信ですね。(これまでのやつは今日も今日とて最後に全部載せときます)...

著者プロフィール

玉井 健太郎(たまけん)

関西出身の東京在住。

人生やばいと思って勢いで大学4年の頃にインターネットビジネスで起業し、3ヶ月で1千万円稼ぐものの、「仕事=労働」という枠を越えない限りは、「フリーターもリーマンも成功者も結局おんなじやん」ってことに気づき、そこから毎日鬼のように考えさせられる日々を送る。

で、なんやかんやあって「働き方を自分自身で再定義してやることでそういう枠から抜け出せる」ということに気づき、今はパソコン1台で起業することを教えながら、枠から抜け出すことが及ぼす人生に対する超絶なインパクトを、1人でも多くの人に伝えるべく活動中。

RETURN TOP