TAMALOG

ちゃんとビジネスを実践しても、自然にお金は入ってこない。

この記事は8分で読めます

こんにちは、玉井です。

 

世間は、参院選挙やら京アニ事件やら吉本騒動やらの話題でもちきりですが、みなさんいかがお過ごしでしょうか?

 

個人的には政治もアニメもお笑いも大好きなので、ここ1週間くらいニュースから目を離せないソワソワした日々を送っておりますw

 

吉本の件は、誰とは言えないですけど、交流ある芸人さんや一緒に飲んだことある人も何人かいて、しかも何故かいま全員が渦中の人になってるので、

 

※ぼくは反社ではありません

 

別に彼らを庇うわけじゃないですけど、「きちんと追求されるべき所、改善すべき所」のみが議論されてほしいよなと、その上でトゥルーエンドを迎えてほしいなあという気持ちでいっぱいですよね、ほんとに。

 

てかやっぱり日本のお笑いとアニメは贔屓目なしに世界一だと思うんでね、

 

ぼく自身、吉本と京アニに育てられたといっても過言ではないですし、過言ですけどね、まあでもほんとに世の中もっと明るいニュースばかりになってくれたら、まあ無理ですけどね、いいなあと思いますよね。

 

って何の話やねんっていうね、相変わらずしょーもない冒頭ですけどもw

 

さてさて、前回は、

 

『やることは1つ、選択肢は無限、あとは量をこなすだけ。』

 

っていうタイトルで、

 

“ネットビジネスで安定的に飯が食えるまで”

 

の過程において大事なこと、

 

・いかに早く「あとは量をこなすだけ状態」になれるか
・『集客』と『販売』の2つだけに焦点を当てればいい
・飯食えるまでに集客ノウハウなんていらない
・どんなジャンルでも自然にマネタイズする方法

 

などについて語りましたね。

 

前回のメルマガはこちら↓

 

 

やることは1つ、選択肢は無限、あとは量をこなすだけ。

 

 

で、頂いた感想メールを読んでいると、

 

「考えすぎて手が止まる傾向にあったので、良い意味で思考停止するようにします!」
「色々やってるつもりだったけど、全然足りてないなって思わされました!」

 

っていう意見が多かったですね。

 

「とりあえず初成約なり初報酬が欲しい!!欲しすぎる!!!」

 

っていう人の気持ちは猛烈に分かってるつもりなので、ぼくもネットビジネス始めた当初は当然、そこが壁としてあったし、最初のゼロイチには随分頭悩まされましたからね。

 

で、前回の内容って実は、

 

“ネットビジネスで安定的に飯が食えるまで”

 

においての、主に”前半部分”をクリアするためのアドバイスだったりしたわけです。

 

どういうことかって言うと、“ネットビジネスで安定的に飯が食えるまで”の段階を3つに分けると、

 

A:ビジネス経験ゼロの初心者〜ゼロイチフェイズ実践中の人まで

B:平均月数万円の収入〜瞬間的に月2〜30万の収入達成の人まで

C:安定的に月30万以上の収入があって独力で経済的に自立してる人

 

まあこうなります。

 

で、前回の、

 

「あとは量をこなすだけ状態に早く持っていけ!」

 

っていうような心構えというのは、特にA→Bにおいてめちゃめちゃ求められることなんですね。

 

つまりぶっちゃけAからBに早く移れるかどうかは、能力でもノウハウでも戦略なく、量。

 

勿論コンセプトはちゃんと作るべきだし、最低限の文章力やマーケティングの理解は必要だけど、でもたかがその程度、あとは量。

 

決して「一生懸命頑張るしかないねん!」みたいな脳筋マインドで言ってるんじゃなく、効率の良い戦略とかノウハウを語らずに教えることを放棄してるわけでもなく、

 

ほんとに、量なんですねwww

 

言い切っても良いくらい。

 

敢えてだいぶキツい言い方しますけど、

 

コンセプトもあって、最低限の文章力とマーケティングの理解もあるのに、まだBに移れていない、つまり初報酬・初成約が達成できていないのであれば、

 

それはもう、頑張ってないだけです。

 

心を込めて言いますけど、A→Bでずーっと足踏みしてるという人は、

 

努力が足りないです、考えが甘いです。そのまま続けても多分無理です。

 

(普段あまりこんなこと言わないですけど、でもほんとに気づいてほしいのでね、今回ばかりは許して下さいw)

 

なので「思いっきりそれ私のことやんけ!」って人は、改めて前回のメールをしっかり読み直してみてほしいなと。

 

その上で、ビジネスの勉強不足については例えばこの音声、

 

 

 

 

「いやそれでもどうしても手が止まるねん!」って人はこの音声、

 

 

 

 

今こんな偉そうなこと言ってるけど、ぼくが始めたての頃はこんなんでしたよwって音声は、

 

 

 

 

この辺りを聞いてもらえると、A→Bに移るための感覚を掴めるかなあと思います。

 

あ、別に「現時点で量が足りてない人=そもそも努力ができない人」って言ってるわけではないですよ、100%ないです。

 

「あーやっぱ最初ってそんなかんじで頑張るわけか!」
「あ、なるほど、そのノリでやればいいのね!」

 

ってことさえ分かれば終わりだと思うんですよ、逆に言うとそれを知らないだけ。

 

だからそれさえ分かれば後は「了解で〜す♪」ってかんじで取り組めると思うので、是非そこの意識改革をしてもらえたらなと思います!

 

で、じゃあ前回のメールがA→Bにおけるアドバイスだったとすると、気になるのはB→Cですよね。

 

なので今回は、

 

「B→Cに移るためには何が重要か?何をクリアすべきか?」

 

これがテーマです。

 

で、これは結論から言うと、

 

“自分の手で金を稼ぐという意識”

 

がどれくらいあるか?で決まります。

 

意味不明ですよねw

 

でも今までB→Cにスムーズに移行した人、してない人を沢山見てきましたが、一番の違いはこれなんです。

これもまたマインドみたいな話に聞こえますけど、でもほんとに一般化するとこうなるんですw

 

この意識の差というのは、ビジネスを実践していく色んなシーンで現象化します。

 

一番分かりやすいのが、セールスやオファーのシーン。

 

例えば「稼ぐ!」という意識が弱い人は、

 

・ネットでステップメールや販売ページ、告知のページを作る時に、

 

自分の企画に自信が持てないからか、無意識に商品の魅力を控えめに説明してみたり、型通りにはなってるけど熱はこもってない、当たり障りない(=誰にも響かない)文章を書いてみたり、売れなかったら怖いからか、SNSでもメルマガでも控えめなプロモーションをして、派手に盛り上げることはしないとか。

 

・リアルで読者さんと直接会ってセールスする時に、

 

相手はすごく共感してくれてるのに、ここぞとばかりに終始アドバイスして与えることばかりに徹して(=逃げて)、結局自分の商品やサービスは最後にちょろっと紹介する程度で終わらせて成約も取れず、最終的には「でも徳を積んだし、リサーチにもなったし、相手とも関係築けたし良かった!」と言い訳するとか。

 

グサッとキテる図星の人もいるかと思いますがw、

 

ここの成約が取れるかどうか(前回の『販売』の部分)っていうのは、ノウハウとか細かいテクニックというより、やはりメンタルに寄るところが大きい。

 

まあこれは実践してなくても、なんとなく分かることだと思います。

 

他にも、例えば集客だったら、「稼ぐ!」という意識があまり強くない人は、

 

「んーとりあえず勉強したとおりにSNSを1つ始めようかな。Twitterやってみて、まず毎日2〜3個ツイートすることを目標にして様子を見てみよう」

 

↓(1ヶ月後)

 

「んーあんまり反応がなくてちょっとサボってたな、よし、もうちょっと色んな人の例を見て勉強しながら、もっとしっかりフォロワー増やしていこう!ペースアップ!」

 

↓(1ヶ月後)

 

「いいねとかRTちょこちょこ貰えるようになったな、でもこっからどうしよう。まあでもとりあえず続けようか、ブログにも誘導してみよう、アクセス増えるかな?」

 

。。。

 

ってなペースでやりがちなんですが、
(別にこのペースが絶対的に悪いって言ってるわけじゃないですよ)

 

例えば「絶対早く稼いだるで!」っていう意識の人であれば、

 

「ふーんSNSか、たしかにこれ一番即効性ありそうやな。じゃあとりあえずTwitterとTikTokとInstagramとFacebook始めて全部適当に動かしまくってみよ、まあ1個コンテンツ作ったら4つ全部に投下すればいいし、さっさと反応とろ!」

 

↓(3日後)

 

「あー全然あかんやんけ、このペースじゃやべえ、別のこともやるしかねえ。じゃあとりあえず集客の窓口になりそうなサービス調べまくって片っ端から全部登録してアクセス流すか、なんか反応あるかもしれんし!」

 

↓(1週間後)

 

「んーアクセスは増えたけどまだまだやな、ただ動かしまくっててTikTokからの反応が多いことが分かったからちょっとこれガチで攻略しよ!あとはなんか渾身の無料コンテンツが必要やな、ちょっとこの土日でめっちゃ良いやつ作ってそれを配りまくろ!」

 

。。。

 

例えばこんなかんじで動くわけです(これでも割と控えめな例です)。

 

変な言い方、この人は早く金稼ぎたくて仕方ないから、

 

もう上手とか下手とか関係なく、キレイにやろうなんて気持ちは微塵もなく、とりあえず手当たりしだいに見境なくやっていく。上手く行かなかったら攻略法探す、それでもダメなら量を増やす、量を増やしても無理だったら損切りして次の手を考える。

 

そういうノリでどんどんPDCA回しまくってデータ取りまくって、なんとかして早く集客のコツを掴もうと前のめりに取り組むわけですね。

 

で、結果、それってめっちゃ論理的な行動になってるわけですよ。

 

前者は、学んだことをちゃんと実践することを目標にしてるのに対し、
後者は、学んだことを実践することよりも早く結果を出すことを最優先にしてる。

 

その違いですよね。もちろん、人によって1日のうちビジネスに割ける時間は違いますけど、なので量の差というよりも、スピード感の差、加速度の差。

 

で、これも、「何事もスピードが遅い人と早い人の2種類の人間がいて〜」っていう話では全くなく、100%なくて、

 

“自分の手で金を稼ぐんだという自覚”

 

の差なんです。自覚があるかないか、強いか弱いかの差。

 

例えば、ビジネス始めたてだったら、

 

「まずはコツコツ頑張ろう、これが自分に合ったビジネスで、かつ結果も出るといいな〜」

 

って思いながら実践するのか、

 

「もう俺は既に自営業として独立したんだ、己で金を稼がないと自立しないと意味がない」

 

そんな自覚をどんどん強めながら実践するのかみたいな。

 

“ちゃんとビジネスを実践したら、結果的に自然にお金は入ってくる”

 

確かにぼくはそういう言い方をよくしますけど、でもそれは、

 

「自分の利益ばっか追いかけても結果は出ない」
「実力や成長が伴わないと結果が出ても意味ない」
「出来るだけ高い視点でビジネスに取り組むほうがおもろい」

 

みたいなことを伝えたいがためであって、だから今の文脈で言うなら、

 

“「欲しい!」と思って自分の手でお金を獲りに行かない限り、一生お金は入ってこない”

 

と、こういうことになります。すげえ俗物的な言い方ですけど、でもこの通りですw

 

「いやでも抽象度を上げようと日々意識してると、どうしても俗物的なことや現実的なことを考えるのが間違ってるような気がしてきません?w」

 

ってね、言う人もいると思うんですが、実際そういう質問もよく受けるんですが、

 

抽象度は上げて、下ろすものです。

 

これで1セットです。

 

上げてばっかりじゃ、哲学者になるか、どっかの宗教もしくはスピ系にハマって終わりですw

 

それじゃビジネスで成功はしないし、この世の中でたいした役にも立てないし、自分の欲はもちろん志すら達成できないし、てかそもそも死ぬほど生きづらいでしょうww

 

だから、ここで躓く人って、基本的に抽象度を上げるのが上手い人だったりするんですね。

 

頭が良かったり、本質的なことをよく理解してたり、ビジネススキルも十分持ってたり、人からも好かれてたりで、能力的にも性格的にも良い人。

 

なのに、なぜか十分に飯が食えるようにはなってない、みたいなw

 

いやいや勿体無さすぎでしょうみたいなw

 

なので、そういう人は、今度は抽象度を下げることを是非意識してみて欲しいんですね。

 

抽象度を上げるのに上手下手があるように、
抽象度を下げるのにも上手下手があります。

 

上げるのはもう上手だから、今度は上手に下げることに焦点当てれば良いんです。そしたら、

 

「本質はもうイケてるのに現実化されてないとかまじ耐えられへん!」
「てかよく考えたら現状なんで飯食えてないねん、おかしいやろ!」
「思いも実力も本質も何もかも、結果出さな何の意味もないやんけ!」

 

みたいにね、なってくるのでw

 

そうやって現実的で俗物的な自分をどんどん引き出していって、鼓舞していって、

 

“自分の手でお金を稼ぐっていう自覚”

 

をどんどん高めていってもらえたら、それが日々の節々の行動に染み込んでいって、差が出てきて、それこそ1ヶ月もあれば一気に現象化してB→Cを突破できたりするので。

 

ちなみに、それでも「うわーなんか抽象度下げるのムズい」って人はこの音声、

 

 

 

 

「それ以前にお金に対するメンタルブロック的を突破せねば!」って人は、

 

 

 

 

ここで具体的に喋ってるので、是非合わせて聞いてみて下さいなと。

 

というわけで、前回と合わせて、

 

“ネットビジネスで安定的に飯が食えるまで”

 

をテーマに喋ってきましたが、是非ぜひ参考にしてみて下さい。

 

今回は以上です!それでは!

 

メルマガの感想、ビジネスの相談、雑談猥談などは、
kentarotamai01@gmail.com
までお気軽にどうぞ。基本的に全てに返信する姿勢でおります。


 著者プロフィール

  玉井健太郎(たまけん)

1989年和歌山県生まれ。東京大学農学部卒業。大学在学中に友だちと資本金2円で起業。

ネットビジネスを猛烈に勉強し、起業後3ヶ月で1000万円ほど稼ぎ完全に調子に乗るも、それから3年もの間"働かなくても生きていける自由という名の絶望"を味わいビジネスが大嫌いになる。

その途中「『仕事=労働』という枠から抜け出さない限りは、経営者もフリーターも会社員も全員おんなじやん。」ということに気づき、自分の人生と目の前のビジネスを一致させることでそれを華麗に突破出来ることを知る。

今では、かつての自分のような糞詰まり方をする若者を1人でも減らすために、働き方の次元を高めるおもろさも同時に伝えながら、パソコン1台で起業する具体的な方法論をブログやメルマガで教えたりして、やりたいことを仕事にできています。てかこれ割とみんな出来る。

「起業したい」「就活したくない」「会社辞めたい」そんな人の強烈な味方を自負しておりまする。
ぼくの活動理念や起業ストーリーはこちら



「1人で起業できるだけの武器や自信を身につけたい。」
「就活に強烈な違和感がある、レールから脱線したい。」
「今の会社を辞めて、自分のやりたいように働きたい。」


そんな、世の中に違和感を覚えるセンス溢れる人たちが集まるメルマガコミュニティを運営してます。

今メルマガ内で掲げているテーマは、

◯金銭的に自立できるだけの具体的な武器
◯己の人生を自分で切り開いていく圧倒的な体感


この2つをみんなに手に入れてもらうこと、です。

ひたすらに情報収集したり、知識だけ蓄えてもあんまり意味がない。
ちゃんと"身体感覚"レベルにまで落としてこそ、生き方・働き方のパラダイムシフトが起こせる。


まずは14日間でぼくと一緒に鬼のようにレベルアップしませんか?


というわけで割と濃厚なメルマガとなっております。ご覚悟くださいませw

「レールから脱線したい、枠から抜け出したい、自分の殻を破りたい」

あなたのご参加お待ちしてます。ワクワクすることをやろう。






※現在ご登録の場合、情報発信ビジネスの全体像と0から始める手順などを丁寧に解説した、
動画4本・PDF4本(全文書き起こしやレジュメ・音声も)
全て一気にプレゼント中です。
かなり実践的な内容ですが、メルマガ講座内ではこれを『基礎』とします。

「世界一分かりやすい!」という声を、別に頂いてはないんですが、頂きそうな予感はしておりますw

※メールはいつでも解除できますし、ぼく以外からメールが来ることは2万%ありません。

あわせて読みたい

著者プロフィール

玉井 健太郎(たまけん)

1989年和歌山県生まれ。東京大学農学部卒業。大学在学中に友だちと資本金2円で起業。

ネットビジネスを猛烈に勉強し、起業後3ヶ月で1000万円ほど稼ぎ完全に調子に乗るも、それから3年もの間"働かなくても生きていける自由という名の絶望"を味わいビジネスが大嫌いになる。

その途中「『仕事=労働』という枠から抜け出さない限りは、経営者もフリーターも会社員も全員おんなじやん。」ということに気づき、自分の人生と目の前のビジネスを一致させることでそれを華麗に突破出来ることを知る。

今では、かつての自分のような糞詰まり方をする若者を1人でも減らすために、働き方の次元を高めるおもろさも同時に伝えながら、パソコン1台で起業する具体的な方法論をブログやメルマガで教えたりして、やりたいことを仕事にできています。てかこれ割とみんな出来る。

「起業したい」「就活したくない」「会社辞めたい」そんな人の強烈な味方を自負しておりまする。
ぼくの活動理念や起業ストーリーはこちら

RETURN TOP