TAMALOG

やることは1つ、選択肢は無限、あとは量をこなすだけ。

この記事は10分で読めます

どうも、玉井です。

いきなりですけど、最近どえらい勢いで個人で情報発信する人が増えてますよね。

 

Twitter、note、オンラインサロン、YouTube、インスタグラム、TikTok…

 

と、どこ見てもネットで何かしら発信してる人ばっかりで、勿論そゆ人相手にビジネス教える商売やってるぼくとしては非常にありがたい流れが来てるんですけど、

 

でも、例えばじゃあビジネス系の発信してる人とか見ても、Twitter界隈とか特にそうですけど、

 

色んな人が色んなポジショントークを繰り広げてたり、自分のブランディングを強化するために無理やりノウハウにオリジナリティ出そうとしてたり、

 

なんかちょっと「お、おう…」みたいな空気を感じません?w

 

ビジネス系以外のジャンルでも「誰かを批判したら自分が相対的に優位になる」的な発想で、コミュニティ同士の消耗戦みたいなのが繰り広げられてる。

 

で、これっておそらく過渡期に起こる一過性のものなんで、特にぼくは傍観してるだけなんですけど、

 

“これからビジネスを始めようとしてるorいま実践中の人”

 

にとっては、色んな人が色んなこと(デタラメなこと含め)を発信してるせいで、

 

「いや結局何を学んだらええねんw」
「どの情報を信じたらええか分からんわw」

 

っていう、余計に混乱してしまう恐れがあるというか、実際に昔に比べるとそういう質問とか相談を受けることが最近多いんですよね。

 

なので、今日はぼくなりの答えをここにまとめようと思います。

 

で、結論から言うと、

 

「結局学ぶべきは全て同じであって、てか1つしかなくて、どのネットビジネスやるにしても『全て同じやんw』と思える”視点”で学ぶことが大事」

 

ってことになるんですけど、まあ相変わらず自分らしい結論やなってね、これ書いてて思うんですけどw、

 

まあ順番に説明していきますね。

 

例えば情報発信ビジネスだったら、

 

「コンセプトどないしよう…これでええんかな…」
「結局最初ってどうやって集客したらええんやろ…」
「どのタイミングで商品オファーしたらええねん…」

 

って考えること多いわ勉強することいっぱいあるわ実践してても色んな所での試行錯誤があるわで、ぶっちゃけ順調に進んでるんかも分からん、次に何の手を打つべきかも見えてこない、頭ん中がこんがらがってる、って人って多いと思うんですよね。

 

で、そういう人にとって、勿論これから始める人もそうですけど、

 

まず、何よりも一番意識しないといけない、真っ先に辿り着くべきところってどこかというと、

 

“あとは量をこなすだけ状態”

 

に持っていくこと、なんですね。

 

「分かった分かった、あとはただ淡々とやるだけやわ。」

 

っていう状態にさえ持っていければ、そう自分の中で確信が得られれば、安心して作業できるし、結果がすぐに出なくともわざわざ一喜一憂しなくて済むわけで、

 

てか何なら教える立場の人って、

 

「どうにかしてそうなってもらおう!」

 

っていう視点でコンテンツ作ってたりする、そこまでいけば成果出るのは時間の問題だから。

 

ネットビジネスの経験が豊富で実力がある人と、初心者の人の大きな違いって、

 

「あとは量をこなすだけ状態!に持っていくのが上手いかどうか?」

 

結局能力的な差っていうのはそこ、だったりするので、

つまりその状態にさえ持っていけば、最初の頃、特に0→1はグンとスピードアップできます。

 

今日はその核心部分をみんなに感覚的に理解してもらえるような説明、かつ実践的な話をしていけたらなと。

 

 

で、まず前提として、ぼくらは、

 

“自分起点でゼロからビジネスを構築していける力”

 

を高めたいわけですよね。

 

その結果、

 

「沢山お金を稼げるようになる!回せるようになる!」
「自分のビジネス=収益装置をゲットして自由になる!」
「それを足がかりに色んなビジネスにチャレンジするぜ!」

 

みたいな、鬼ざっくりいうとまあそういうことじゃないですか。

 

じゃあその力、ビジネス力、起業力、名前は何でもいいですけど、そんなような力ってもう1段階抽象的に言うと、

 

「自分の機能とか役割を、社会的な(誰かにとっての)価値に変換する能力」

 

みたいな言葉になってくるんですけど、逆に1段階具体的に言うと、

 

“人を集めてモノを売る力”

 

なわけですよね、これはもうシンプルに。

 

で、それをネットビジネスの言葉に言い換えれば、

 

アクセスを何らかの方法で集めて、
(人を集めて)
何らかの形でそれをお金に変える力。
(モノを売る力)

 

になるわけで。

 

で、じゃあその中核って何なの?っていうとそれが、

 

“マーケティング力”

 

なわけです、だからこれを何より高めないといけない。ここまでは大丈夫だと思います。

 

で、実はマーケティングって全部同じなんですよね。

 

例えばDRM(ダイレクトレスポンスマーケティング)の有名な3ステップって、

 

「集客→教育→販売」

 

ですけど、ビジネス一般で広く使われる有名な購買行動モデル(AIDMAとかAISASみたいなやつ)ってのも、

 

「認知→興味関心→理解→検討→購入→満足(→継続→口コミ)」

 

例えばこんなかんじの段階に分けるとすると、この2つ、主語が違うだけで言ってること一緒じゃないですかw

 

DRMのほうは仕掛ける側、購買行動モデルのほうは消費者の側の視点。

 

まじで何の事業であれ、おんなじなんですよね。

 

最近縁があって別の色んな業界の人とも絡んだりしてるんですけど、例えばぼくとは全ッ然違う商売やってる人が、

 

「いや結局コンセプトで8割がた決まるから」
「あとはオペレーション作れたら集客は問題ない」

 

みたいなこと言ってたりして、

 

「え、もしかしてネットビジネスやってました?w」

 

ってツッコみそうになるくらいおんなじw

 

だから、

 

どのジャンルでやるかは勿論、どのネットビジネスをやろうが、
個人レベルで商売しようが、組織単位で大きく展開していこうが、
BtoBだろうがBtoCだろうが、商品が物品だろうがコンテンツだろうが、
大企業のマーケティングだろうが、スタートアップ界隈のマーケティングだろうが、

 

まじで全部同じなんですよね。おんなじおんなじうるさいですよね、すいませんw

 

だからマーケティング力ってのは、

 

「これをどれだけ深く理解してて、目の前のビジネスで実演できるかどうか?」

 

であって、それを執行できる人のことをマーケッターって呼ぶわけです。

 

マーケティング力をつければ、

 

いつ何があっても自分でゼロからビジネスを構築できるし、
色んな事業を横にどんどん展開していく力もつくし、
自動化もできるし、組織化して会社経営していくための基礎も出来る。

 

で、そこにもうちょいメンタル的な要素を加えたものが、『1人で飯食っていく力』とか『起業力』みたいな言葉だと思ってもらえれば。

 

なので、まず、ネットビジネスやってる人は全員、

 

「具体的なテクニックやノウハウを学んで素直にそれを実践したら金が稼げるんじゃ?」

 

っていう思考は捨てて、1つ高い視点で取り組むこと。

 

ぼくはこれを痛烈にお勧めするわけですよ、だってこの視点のほうがおもろいし、頭の中がシンプルになるから結果出るのも早いし。

 

で、この考え方を前提とした時に(前提なが)、

 

情報発信ビジネス初心者から飯食えるレベル(月収30万前後)までの人にとって、

 

「より具体的かつ実践的には、どこに焦点を当てて取り組むべきか?」

 

というと、それが、

 

『集客と販売』

 

この2つ、ほんとにこの2つだけ。

 

言い換えれば、

 

『共感と成約』

 

この2つ、言い換えたから4つとかなしで、この2つw

 

この2つの再現性を高めること、実演できるようになることだけを意識していればいいです。

 

この2つだ・け・を。

 

若干この2つって言い過ぎてますけど、気にせず続けますねw

 

ほんとにでもこの視点で自分のビジネスを評価できるようになりさえすれば、あとは冒頭で言ってた、

 

“あとは量をこなすだけ状態”

 

に自動的になるので。まだ上手く結果が出てないならどっちかの感覚を掴めてないだけ、そしてその感覚を掴むためにどうしたらいいかって、量をこなすだけ、ですからね。

 

一応それぞれがどういうものかっていう説明をすると、

 

まず、集客。

 

これをさっき共感って言い換えましたけど、

 

「集客の本質は共感」って思っておけばOKです、個人レベルであれば特に。

 

「共感?コンセプト?なんでそれが人を集める本質ねん!」

 

って人は、むかーしに書いたこの記事を読んでみて下さい。

 

 

ゴールデンサークル理論から学ぶ情報発信ビジネスのコンセプト。

 

はい、っていうことです。

(めんどいんでこの部分の説明は記事に委ねますw)

 

じゃあその上で集客ってどんなイメージで回り始めるかって言うと、

次はこの動画を見てみて下さい。

 

 

 

 

はい、こういうことですw

 

情報発信ビジネスの集客って、ほんとにこれと一緒です。

 

“コンセプト作って踊るだけ”

 

だから0→1の段階であれば、踊り続けないといけないわけです、絶対に。

 

逆に言うと成果が出てないなら、踊り足りないか踊るの途中で辞めたかのどっちかしかない。

 

集客のノウハウって、

 

「こっちだけで踊るよりあっちでも踊ったほうがいいんじゃね?」とか、
「この時間に踊ったほうが人集まりやすい傾向にあるな」とか、
「ここにおる人たち全然踊りのジャンル違うから移動しよ」とか、

 

そういうものでしかなくて、つまり踊り続けてりゃ、飯食うレベルにノウハウなんていらない。

 

…なんか死ぬほど抽象的な説明になってる気がしますけどw、今回はイメージを掴んでもらうことが目的なので、頑張ってついてきてくださいw

 

ほんとにこれ、情報発信ビジネス上手な人は全員「うんうん」って頷きながら読むと思うので。

 

で、これを踏まえてから、

 

自分が普段やってる集客の作業っていうのを、改めて評価し直してみてほしいんですね。

 

「あ、私全然ちゃんと踊ってなかった…」
「俺とか照れながら隅っこで足でリズム刻んでただけやんw」

 

って思う人って結構いると思うんですよ。

 

逆に、

 

「あーそういうことかwじゃあむっちゃイケる気してきたわw」

 

って人はおそらくスピード早いタイプですw

 

で、この感覚で集客に取り組めば、この視点で自分の作業を客観的に評価すれば、多分迷うこともあんまりないから、だって自分で改善点が分かるから。

 

「じゃああとは自分に足りないのは絶対的な量だけやん、実力の差っていうかぶっちゃけそこだけやん、それこなしたら追いつくやん、シンプルやん、やる気出てきたわ!」

 

ってね、なると思うんですよね。

 

…ちょっと抽象すぎて、これほんまに伝わってるのか若干不安ですがw、まあ1人でも多くの人がね、感覚を掴んでくれたらいいんで。

 

 

で、次に販売。

 

まあ成約ですよね、成約って敢えて言い換えたのは、この部分って、

 

「販売までの導線をキレイに作ったから売れるー」

 

みたいなもんではなくて、物凄く積極的な気持ちで”もぎ取りにいく”ものだからですね。

 

ちゃんと説得して、なんとかして握手まで持っていかないといけない。

 

セールスとかクロージングとか営業とか、これらに求められるメンタリティは多少必要だし、相手からお金を受け取るわけだから、お金に対する先入観とか変な洗脳があると、それと向き合う必要もあるし、

 

要は『メンタルブロック』が一番のボトルネックになる人が多いのがこの販売の部分ですね。

 

で、ここにおけるコツを掴んでる人と0→1の人の一番の差って、

 

『人が集まりさえすりゃ何とでもなる』って思ってるかどうか?

 

やっぱり、始めたての頃って、

 

「商品まじでどうしよう、全然アイデア出てこないや」
「人集めるのはできそうやけど結局マネタイズがなあ」

 

って悩み方する人が多いんですけど、勿論ぼくも経験したので気持ちはむっちゃ分かりますけど、だからその上で敢えて言いますけど、

 

その悩み、死ぬほどどうでもいいw

 

全然悩むとこそこじゃないんですよ、もっと他にやることある。

 

「そんなこと言ってもその感覚分からんから手が止まるんじゃ!」

 

ってね、思うかもしれませんが、どっかで一旦受け入れて、どんどん手足を動かしていかないことには進まないのも事実なの

で。

 

とは言いつつ、そのマネタイズの感覚について思いっきり丁寧に喋ったことがあるので、それを共有しておきます。

 

 

 

 

1年くらい前にゆずすけと対談を録ったときの音声です。

 

はい、むちゃくちゃ丁寧に喋ってるんでおそらくかなりイメージ湧いたと思いますw

 

つまりは、飯食えるようになるまでの段階でのマネタイズにおいて一番大事なのは、商品のアイデアとか販売までの導線とかじゃなく、コピーライティングとかでもなく、

 

“見込み客との対話の量”

 

なんですね。

 

てかそもそも、DRMの醍醐味って、

 

“まずお客さんの悩みとか問題に徹底的に寄り添って、
何が欲しいかor自分に求められてるかを直接ヒアリングした上で、
それを解決する商品をこっちが用意してオファーする”

 

ところにあるわけです。

 

糞雑に言ったらDRMって、

 

「ダイレクトにお客さんとレスポンスとったらマーケティングなんて誰でも出来ますやん?」

 

ってことなんでw

 

「欲しい人いますか?」→「欲しいです!」→「用意しました!」→「買います!」

 

って流れでやれば絶対売れるやん?っていう意味なわけで。

 

だからこそ、DRMをちゃんと理解してる人は、

 

「共感を起こせてて人が集まってさえいれば、マネタイズに困るなんてあり得ない」

 

って思うわけです、勿論商品によっては準備が大変だなーとかそういうのはありますけど。

 

だから、この販売においても、今一度この視点で、

 

「自分はどれくらいここが出来てるかなあ?」

 

って考えてみてほしいんですよね。つまりは、

 

「見込み客の心理を、ニーズをどれくらい理解してるやろう?」

 

ってこと。

 

「見込み客は何に悩んでてどうなりたくて普段何を考えて生きてるのか?」
「何が痛くて何が悔しくて何が苦しくて何を嫌がって何を隠してるのか?」
「自分の発信はどんな顔して見てくれてるのか?何を求められてるのか?」

 

究極的に言えば「これがほんとに手に取るように分かるかどうか?」なわけで、それ分かれば商品は必ず、沢山、売れるわけです。

 

で、そのためにはどうしたらいいか?

 

そうです、量ですねw

 

販売力を高めるためにまず何をしなきゃいけないかが見えてくるはずです。

 

勿論、メンタルブロック的な課題とぶつかることはあるだろうけど、それは集客においても同じで、てか自分でビジネスやる以上は絶対求められるメンタリティのレベルアップってのはあるので、

 

まあそれはまたどっかのタイミングで話します。

 

長々と書いてきましたけど、

 

『集客と販売』

 

のイメージ伝わりましたでしょうか?

 

勿論こんなメール1通で「はい全部インストールできましたー!」ってのはさすがに無理だと思いますけどw、是非これを念頭に置きながら実践していって、あとは自分で徐々にコツを掴んでもらえたらなと。

 

ネットで調べても「あれが大事!これが大事!」って色んなことが色んなこと言ってますけど、まあぼくのこのメールもその1つとされてしまったらオシマイですけどもw、

 

「色々ありすぎて何からどの手順でやっていったら良いか分からん!情報量多すぎ!」

 

っていう方はね、出来るだけこうやってシンプルに考えるように努めて下さい。

 

“やることは1つ、選択肢は無限、あとは量をこなすだけ”

 

そう思えたら勝ちですよ!

 

というわけで、今回は最近のこの業界を見てて、ちょっと発言しておこうかな、っていう趣旨のメルマガでした、それではー!

 

P.S.

 

そういえばちょっと前に「最近はみラジ進化したよ!」ってメール送らせてもらったんですけど、奥村と一緒にダラーダラと好き勝手やってたこのラジオも、ようやくビジョンが完全に決まりまして。

 

てか考え自体はずーっとあったんですけど、

 

「じゃあ2人で何をしていこうか?何ができるやろうか?」

 

っていうところを擦り合わせまくったり、あとはお互い別に会社やったりもしてるんでそのタイミングもあるし、っていうことですげえ時間かかったんですけど、

 

ようやくね、動いていけそうです。

 

まあ別にお待たせしてはないと思うんですけどw

 

でも割と永きに渡って本気で力入れていこうと思ってるやつなんで、頭の片隅に入れといて下さい。

 

徐々にみんなを巻き込んでいこうと目論んでおりますのでw

 

というわけで、また近々!それでは!

 

メルマガの感想、ビジネスの相談、雑談猥談などは、
kentarotamai01@gmail.com

までお願いします。基本的には返信しております。

 


 著者プロフィール

  玉井健太郎(たまけん)

1989年和歌山県生まれ。東京大学農学部卒業。大学在学中に友だちと資本金2円で起業。

ネットビジネスを猛烈に勉強し、起業後3ヶ月で1000万円ほど稼ぎ完全に調子に乗るも、それから3年もの間"働かなくても生きていける自由という名の絶望"を味わいビジネスが大嫌いになる。

その途中「『仕事=労働』という枠から抜け出さない限りは、経営者もフリーターも会社員も全員おんなじやん。」ということに気づき、自分の人生と目の前のビジネスを一致させることでそれを華麗に突破出来ることを知る。

今では、かつての自分のような糞詰まり方をする若者を1人でも減らすために、働き方の次元を高めるおもろさも同時に伝えながら、パソコン1台で起業する具体的な方法論をブログやメルマガで教えたりして、やりたいことを仕事にできています。てかこれ割とみんな出来る。

「起業したい」「就活したくない」「会社辞めたい」そんな人の強烈な味方を自負しておりまする。
ぼくの活動理念や起業ストーリーはこちら



「1人で起業できるだけの武器や自信を身につけたい。」
「就活に強烈な違和感がある、レールから脱線したい。」
「今の会社を辞めて、自分のやりたいように働きたい。」


そんな、世の中に違和感を覚えるセンス溢れる人たちが集まるメルマガコミュニティを運営してます。

今メルマガ内で掲げているテーマは、

◯金銭的に自立できるだけの具体的な武器
◯己の人生を自分で切り開いていく圧倒的な体感


この2つをみんなに手に入れてもらうこと、です。

ひたすらに情報収集したり、知識だけ蓄えてもあんまり意味がない。
ちゃんと"身体感覚"レベルにまで落としてこそ、生き方・働き方のパラダイムシフトが起こせる。


まずは14日間でぼくと一緒に鬼のようにレベルアップしませんか?


というわけで割と濃厚なメルマガとなっております。ご覚悟くださいませw

「レールから脱線したい、枠から抜け出したい、自分の殻を破りたい」

あなたのご参加お待ちしてます。ワクワクすることをやろう。






※現在ご登録の場合、情報発信ビジネスの全体像と0から始める手順などを丁寧に解説した、
動画4本・PDF4本(全文書き起こしやレジュメ・音声も)
全て一気にプレゼント中です。
かなり実践的な内容ですが、メルマガ講座内ではこれを『基礎』とします。

「世界一分かりやすい!」という声を、別に頂いてはないんですが、頂きそうな予感はしておりますw

※メールはいつでも解除できますし、ぼく以外からメールが来ることは2万%ありません。

あわせて読みたい

著者プロフィール

玉井 健太郎(たまけん)

1989年和歌山県生まれ。東京大学農学部卒業。大学在学中に友だちと資本金2円で起業。

ネットビジネスを猛烈に勉強し、起業後3ヶ月で1000万円ほど稼ぎ完全に調子に乗るも、それから3年もの間"働かなくても生きていける自由という名の絶望"を味わいビジネスが大嫌いになる。

その途中「『仕事=労働』という枠から抜け出さない限りは、経営者もフリーターも会社員も全員おんなじやん。」ということに気づき、自分の人生と目の前のビジネスを一致させることでそれを華麗に突破出来ることを知る。

今では、かつての自分のような糞詰まり方をする若者を1人でも減らすために、働き方の次元を高めるおもろさも同時に伝えながら、パソコン1台で起業する具体的な方法論をブログやメルマガで教えたりして、やりたいことを仕事にできています。てかこれ割とみんな出来る。

「起業したい」「就活したくない」「会社辞めたい」そんな人の強烈な味方を自負しておりまする。
ぼくの活動理念や起業ストーリーはこちら

RETURN TOP