TAMALOG

渋沢栄一が最強すぎる件

この記事は2分で読めます

新紙幣のデザインが発表されて興奮冷めやらぬ今日この頃ですが、皆さん如何お過ごしでしょうか?

 

こんにちは、玉井です。

 

密かにめっちゃ好きだった渋沢栄一氏が新1万円札になると聞いて、個人的には心が躍っております。

 

「尊敬する人3人挙げろ!」

 

って誰かに言われる状況なんて絶対ないですが、もし誰かに言ってもらえたとしたら、中村天風氏、苫米地英人氏に並んで名前が挙がるこの御方。

 

写真見るとパッと見、

 

“むっちゃ優しい近所のおじいちゃん”

 

みたいな顔してて、偉人が放つ独特のパワーとかオーラなさそうに思われがちですが、実は鬼凄い人物なんですね。

 

「サッポロビール、みずほ銀行、帝国ホテル、明治神宮、東京証券取引所、東京海上…」

 

ってね、日本人ならみんな知ってるような企業やらの設立に関わりまくっており、その数なんと全部で500以上らしく、今の日本があるのは割と彼のおかげ説あるほどの功労者。

 

余裕で財閥作れるほどの経済力あったのに、大株主になって会社を支配することなぞに興味なく、総理大臣になれるほどの影響力もあったのに、実際に「大蔵大臣になってくれ」ってむっちゃ頼まれたのにそれも断り、

 

「渋沢栄一がいなかったら日清、日露戦争で負けてたかもしれん」

 

ってのが言い過ぎにならないレベルに(多分w)、ひたすら私利私欲を追わずに国のために尽くしまくった最強の人物。

 

最終的には実業家としての活動も全部やめて、啓蒙活動しまくって、大学(一橋とか同志社とか)いくつも作るわ、日本赤十字社作るわ、ノーベル平和賞の候補にもなるわっていう。

 

ってこうやって書いてみると、まあぶっちゃけ若干Wikipedia見ながら書いたんですけどw、もう凄すぎて逆に何が凄いのか分かりませんよねw

 

それでいて、あの優しそうなおじいちゃんみたいな顔ですよ。

 

嘘やんw

 

っていうね。

 

ここで逆に圧倒されすぎて、

 

「へーすごー、なんかすごすぎて自分には関係ないわー」

 

なんて思ってしまってはいけませんよ。

 

というのも、人生がどうだの働き方がどうだのって五月蝿いぼくですけど、

 

『論語と算盤』

 

っていう彼の著書がね、まさにそんな内容のことを語っているのですね。

 

「商売に学問なんていらない」
「商売人なんて金銭に目がくらんだ賤しい人間だ」

 

っていう価値観の時代に、

 

「学問によって経済活動を行わなければならない」
「金銭を賤しんでたらこの国は立ち行かなくなる」

 

と言って「利潤と道徳を調和させる」というビジネス哲学を一生かけて貫いた彼が、

 

「孔子の『論語』っていう人生系のテーマと、金を数えるための『そろばん(算盤)』ってのは一見かけ離れてるように見えるけど、実は一緒やねんで?」

 

ってことを後世に伝えるためにね、この本を書いたんですよ、多分w

 

まあ是非読んでみてくださいなと。

 

『現代語訳 論語と算盤(ちくま新書)』

 

あと、これは友だちに教えてもらったんですが、

 

『少しだけ、無理をして生きる(新潮文庫)』

 

って本もおもろいです。渋沢栄一が書いたものじゃないですが彼の生き方がよく分かる小説チックな本です。

 

…と今回はなんかただの渋沢栄一語りのメルマガになりましたが、まあよしとしましょう。よし。

 

次回のメルマガは

 

『津田梅子と北里柴三郎編!』

 

を、お送りはしませんがw、まあ近いうちにまたお会いしましょう、ではではー!

 

メルマガの感想、ビジネスの相談、雑談猥談などは、
kentarotamai01@gmail.com
までお願いします。基本的には返信してます。

 


 著者プロフィール

  玉井健太郎(たまけん)

1989年和歌山県生まれ。東京大学農学部卒業。大学在学中に友だちと資本金2円で起業。

ネットビジネスを猛烈に勉強し、起業後3ヶ月で1000万円ほど稼ぎ完全に調子に乗るも、それから3年もの間"働かなくても生きていける自由という名の絶望"を味わいビジネスが大嫌いになる。

その途中「『仕事=労働』という枠から抜け出さない限りは、経営者もフリーターも会社員も全員おんなじやん。」ということに気づき、自分の人生と目の前のビジネスを一致させることでそれを華麗に突破出来ることを知る。

今では、かつての自分のような糞詰まり方をする若者を1人でも減らすために、働き方の次元を高めるおもろさも同時に伝えながら、パソコン1台で起業する具体的な方法論をブログやメルマガで教えたりして、やりたいことを仕事にできています。てかこれ割とみんな出来る。

「起業したい」「就活したくない」「会社辞めたい」そんな人の強烈な味方を自負しておりまする。
ぼくの活動理念や起業ストーリーはこちら



「1人で起業できるだけの武器や自信を身につけたい。」
「就活に強烈な違和感がある、レールから脱線したい。」
「今の会社を辞めて、自分のやりたいように働きたい。」


そんな、世の中に違和感を覚えるセンス溢れる人たちが集まるメルマガコミュニティを運営してます。

今メルマガ内で掲げているテーマは、

◯金銭的に自立できるだけの具体的な武器
◯己の人生を自分で切り開いていく圧倒的な体感


この2つをみんなに手に入れてもらうこと、です。

ひたすらに情報収集したり、知識だけ蓄えてもあんまり意味がない。
ちゃんと"身体感覚"レベルにまで落としてこそ、生き方・働き方のパラダイムシフトが起こせる。


まずは14日間でぼくと一緒に鬼のようにレベルアップしませんか?


というわけで割と濃厚なメルマガとなっております。ご覚悟くださいませw

「レールから脱線したい、枠から抜け出したい、自分の殻を破りたい」

あなたのご参加お待ちしてます。ワクワクすることをやろう。






※現在ご登録の場合、情報発信ビジネスの全体像と0から始める手順などを丁寧に解説した、
動画4本・PDF4本(全文書き起こしやレジュメ・音声も)
全て一気にプレゼント中です。
かなり実践的な内容ですが、メルマガ講座内ではこれを『基礎』とします。

「世界一分かりやすい!」という声を、別に頂いてはないんですが、頂きそうな予感はしておりますw

※メールはいつでも解除できますし、ぼく以外からメールが来ることは2万%ありません。

あわせて読みたい

著者プロフィール

玉井 健太郎(たまけん)

1989年和歌山県生まれ。東京大学農学部卒業。大学在学中に友だちと資本金2円で起業。

ネットビジネスを猛烈に勉強し、起業後3ヶ月で1000万円ほど稼ぎ完全に調子に乗るも、それから3年もの間"働かなくても生きていける自由という名の絶望"を味わいビジネスが大嫌いになる。

その途中「『仕事=労働』という枠から抜け出さない限りは、経営者もフリーターも会社員も全員おんなじやん。」ということに気づき、自分の人生と目の前のビジネスを一致させることでそれを華麗に突破出来ることを知る。

今では、かつての自分のような糞詰まり方をする若者を1人でも減らすために、働き方の次元を高めるおもろさも同時に伝えながら、パソコン1台で起業する具体的な方法論をブログやメルマガで教えたりして、やりたいことを仕事にできています。てかこれ割とみんな出来る。

「起業したい」「就活したくない」「会社辞めたい」そんな人の強烈な味方を自負しておりまする。
ぼくの活動理念や起業ストーリーはこちら

RETURN TOP