TAMALOG

ノウハウコレクターとビジネスモノマネ芸人から抜け出す

この記事は5分で読めます

情報発信であろうがアフィリエイトであろうが、せどりでも投資でも、

基本的に『1人で学んで1人で実践することが多い働き方』特有の糞詰まり方、

 

なんか途中で手が止まる

 

ってやつw

 

経験したことある人、まさに今それ真っ只中の人はかなり多いと思います。てかまあほぼ全員経験するんじゃないかな。

 

かくいうぼくもかなりこれに悩まされたタチでしたけど、

 

「目標設定が甘いんかな?」

「ワクワクが足りひんのかな?」

「自分の働き方を再定義せなあかんのかな?」

「魂レベルではやりたくないってことなんかな?」

「飽き性で継続力がないからかな?」

「だれか仲間おったらええのにな。」

「てかおれまじでポンコツなんちゃうかな…」

 

ってね、考え始めると段々とネガティブかつナイーブな思考になってきて、それが余計にエフィカシーを下げてきて更に行動できんくなってきて…っていう悪循環に陥るやつ。

 

まあ根本原因はいくつも考えられるし、その解決方法も人それぞれ違ったりしますけども、今日はその中でも、

 

何やるにしても最初にすげえ考えまくるとこから始める人

 

に向けて書いてみたいと思います。

 

すぐに行動できない俺って私って。。。

 

ビジネスの世界ではよく、

 

「思い立ったらすぐ動け!行動が早い人が偉い!スピード勝負!」

 

みたいなこと言われるから、その言葉に触れる度に何か自分のことを批判されてるような気がして、実際誰かに相談しても、

 

「行動しましょう、アウトプットが足りませんよ!!!」

 

なんて分かりきったことを指摘されて、「それが出来ねえから苦労してんだよ」って思いつつも、

 

「あーでもやっぱりすぐに行動できない俺って私って。。。」

 

てなかんじでエフィカシー下げがちでお馴染みのこのタイプw

まあそりゃスピードは早いに越したことないし、実践なくして成果なんて出るわけないんだけど、

 

今日はぼくは敢えて逆のアドバイスをしたいと思います。

 

手が止まってる原因は勉強不足、もっと本気で勉強しろ!

 

今まで色んな人を見てきて気づいたことなんですけど、

 

別に思考が先行するタイプだからといって成果出るの遅いわけじゃないし、

先に大量にインプットするところから始めるタイプの人が特別躓きやすいわけでもないんですよね。

このタイプでも割とすぐ結果を出す人もいるし、どっしり構えながら着実に進み続けてる人もいる。

 

だからこれって単に、

 

何か新しい物事を始めてそれを習得する・結果を出すまでのプロセス

 

ってのが、

 

沢山勉強して準備してから実践にうつすタイプ

頭の中である程度描ききってから行動するタイプ

目の前の行動が何に繋がるのか分からないと動きづらいタイプ

 

のようないわばタイプだけの問題であってそれ自体は何も問題ないんですよね。

 

ゲームで言えば、いきなりボスに挑むんじゃなくて、先にボスの情報を集めて弱点を知ってレベルしっかり上げて効果的な武器を装備してから挑むタイプ。

 

だから逆にこのタイプって事前にしっかり準備したり勉強したりする分、動き始めたら軌道に乗るの早かったりします。

 

問題は、

 

彼らにとっては事前にしっかり準備するフェイズなのに、「早く動くが正義!」みたいな声に引っ張られちゃったり、柄にもなくそこで我武者羅に手を動かしてみちゃったりする。

 

からこそ、自ずと”自分らしくない動き方”で進もうとする形になっちゃって、段々とエネルギーが下がっていって、今フォーカスすべき勉強とか準備まで疎かになってしまって、前に進まなくなる。

 

っていうことだと思うんですね。

 

ノウハウコレクターとビジネスものまね芸人

 

かといって、

 

「勉強が好きなら勉強してたらいいんだよ^^順調順調♪」

 

なんて勉強派の人を安易に励ますつもりは1mmもありませんw

 

大事なことなので厳しい言い方しますけど、

 

実践してナンボです。いくら知ってても『実演』できなきゃ何の価値もありません。ゴミです。

 

ビジネスは勉強よりも圧倒的にスポーツに近いですからね。

実践して初めて、予めインプットした情報が知識や知恵に変わっていくわけで。

そう考えたら勉強も、実践して『感覚レベル』に落とし込んで初めて完了した、と言えるはずです。

 

要するに、勉強と実践のバランス、というか循環をさせないといけない。

 

後でアウトプットすることを約束されたインプットじゃないとそれはインプットとは言わないし、後でインプットすることを前提としたアウトプットじゃないとそれはアウトプットとは言わない。

 

定期テストや資格試験の勉強じゃないんだから、インプットしたことは実践しないと身にならない、どころか実践しないんだったらそんな情報はノイズ。意味をなさない。つまりそれは勉強すらしてないってことになる。

 

刺身の上にタンポポ乗せる仕事じゃないんだから、なんにも考えず勉強もせずに行動ばっかりしてても意味ない。それで現実が前に進んでるのは気のせいで、残念ながら一切前に進んでない、つまり行動してないのと同じ。

 

前者が通称ノウハウコレクター、後者がビジネスものまね芸人、と呼ばれる人たちですねw

ビジネスものまね芸人って今ぼくが勝手に呼んでるだけですけどw

 

つまりは、勉強と実践の『循環』が起きていないんですね、両者ともに循環不全起こしてるような状態なわけです。

 

PDCAならぬOIOIを回しまくれ!

 

だから本質的には、ビジネスの不勉強というのは、”勉強ばっか派”の人にも”行動ばっか派”の人にも当てはまることで(ビジネスの実践不足も同様ですよ)、

 

 

今日はたまたま勉強寄りの人に対して話してますけど、

 

なんか途中で手が止まる

 

ってのは、あなたがやる気がないわけでも、継続力がないわけでも、達成能力が低いわけでも、やりたくないことだからでもない。

 

しっかり勉強したり考えたりするフェイズなのに、周りに影響されて焦って行動してみたりするから。しかも何に焦るって成果に焦ってるんだから、そりゃ準備不足で成果なんて出るわけない、じゃあ凹む、エネルギー下がるでしょうっていう。

 

(逆に行動ばっか派の人は、行動してるほうが楽だから、自分が今まさに足りないのが圧倒的勉強ってことに気づいてるのに、早く成果出したいから行動に逃げちゃって、自分が一体何やってるのかよく分からなくなってくるパターンに陥りますw)

 

今もし勉強寄り思考寄りの人でね、ゼロイチの序盤で悩んでる人がいれば、

 

「まず勉強しまくりましょう!手なんて動かさずに本気で勉強しましょう!」

 

ほんとに勉強し続ければ、行動できなくて悩むなんてことはないですから。

 

頭ん中でもう色んな事が描けてきすぎて、アイデアもいっぱい湧いてきて、まだ実践してないのに猛烈に強くなった気がして、自分の力を実際に試したくなってきてムラムラしてきます(オナ禁してるみたいな感覚です)ww

 

仕事の進め方なんかでよく「PDCAサイクルを回せ」って言いますけどね、

 

アウトプットが約束されたインプット、インプット前提のアウトプット

 

まずこっちを回すことを是非意識してほしいです、PDCAならぬOIOIですね、なんか見たことありますねw

 

ビジネスの不勉強

 

今日は勉強に偏りがちな人向けに書きましたけど、

行動に偏りがちな人向けには音声で語ってみました、是非こっちも聞いてみてください。

 

しっかり勉強フェイズ進めていくために大事なこといっぱい喋ったので、前者タイプの人ももれなくどうぞ。

 

 

00:00:09 周囲に漂うビジネス的な流れの雰囲気
00:03:05 これからビジネスを始めようとしている人に関して、勉強してない人が多すぎる
00:04:11 不勉強なまま結果が出てしまって、次に進む時に行き詰まっている場合、不勉強が根本原因になっていること多め
00:06:38 まずは「コピーライティング」の勉強から始めるのがオススメ
00:07:22 誰のために書いているのか? が重要
00:09:00 どうやって勉強したら良いのか? まずはコピーライティングの元ネタ本3冊:『神話の法則』『プロパガンダ』『催眠療法入門』
00:12:19 次の2つ:『現代広告の心理技術101』・『ネットビジネス大百科・木坂さんのパート』
00:13:03 コピーライティングのゲシュタルトができたら、上手い人のステップメール・セールスレターを印刷して分析して感覚レベルに落とし込んでいく
00:13:33 実際に書いて、アウトプットする
00:14:44 インプット前提のアウトプット、アウトプット前提のインプットが大事
00:16:23 本質的なコピーライティングを身につけられたら、ネットビジネス以外でも武器になる
00:17:38 本当にナンパが上手い人はコピーライティングも上手い(逆は成り立たない)
00:19:45 減点方式の学校の勉強の仕方ではビジネスはうまくいかないので、むしろスポーツとして捉えるのが良い

 

 

というわけで、感想とか意見とかあればアウトプットがてら返信ください。

本気でやっていきたい人の相談であれば、乗りますよ。

 

てなかんじで今日はこの辺で、ではではー!

 


 著者プロフィール

  玉井健太郎(たまけん)

1989年和歌山県生まれ。東京大学農学部卒業。大学在学中に友だちと資本金2円で起業。

ネットビジネスを猛烈に勉強し、起業後3ヶ月で1000万円ほど稼ぎ完全に調子に乗るも、それから3年もの間"働かなくても生きていける自由という名の絶望"を味わいビジネスが大嫌いになる。

その途中「『仕事=労働』という枠から抜け出さない限りは、経営者もフリーターも会社員も全員おんなじやん。」ということに気づき、自分の人生と目の前のビジネスを一致させることでそれを華麗に突破出来ることを知る。

今では、かつての自分のような糞詰まり方をする若者を1人でも減らすために、働き方の次元を高めるおもろさも同時に伝えながら、パソコン1台で起業する具体的な方法論をブログやメルマガで教えたりして、やりたいことを仕事にできています。てかこれ割とみんな出来る。

「起業したい」「就活したくない」「会社辞めたい」そんな人の強烈な味方を自負しておりまする。
ぼくの活動理念や起業ストーリーはこちら



「1人で起業できるだけの武器や自信を身につけたい。」
「就活に強烈な違和感がある、レールから脱線したい。」
「今の会社を辞めて、自分のやりたいように働きたい。」


そんな、世の中に違和感を覚えるセンス溢れる人たちが集まるメルマガコミュニティを運営してます。

今メルマガ内で掲げているテーマは、

◯金銭的に自立できるだけの具体的な武器
◯己の人生を自分で切り開いていく圧倒的な体感


この2つをみんなに手に入れてもらうこと、です。

ひたすらに情報収集したり、知識だけ蓄えてもあんまり意味がない。
ちゃんと"身体感覚"レベルにまで落としてこそ、生き方・働き方のパラダイムシフトが起こせる。


まずは14日間でぼくと一緒に鬼のようにレベルアップしませんか?


というわけで割と濃厚なメルマガとなっております。ご覚悟くださいませw

「レールから脱線したい、枠から抜け出したい、自分の殻を破りたい」

あなたのご参加お待ちしてます。ワクワクすることをやろう。






※現在ご登録の場合、情報発信ビジネスの全体像と0から始める手順などを丁寧に解説した、
動画4本・PDF4本(全文書き起こしやレジュメ・音声も)
全て一気にプレゼント中です。
かなり実践的な内容ですが、メルマガ講座内ではこれを『基礎』とします。

「世界一分かりやすい!」という声を、別に頂いてはないんですが、頂きそうな予感はしておりますw

※メールはいつでも解除できますし、ぼく以外からメールが来ることは2万%ありません。

あわせて読みたい

著者プロフィール

玉井 健太郎(たまけん)

1989年和歌山県生まれ。東京大学農学部卒業。大学在学中に友だちと資本金2円で起業。

ネットビジネスを猛烈に勉強し、起業後3ヶ月で1000万円ほど稼ぎ完全に調子に乗るも、それから3年もの間"働かなくても生きていける自由という名の絶望"を味わいビジネスが大嫌いになる。

その途中「『仕事=労働』という枠から抜け出さない限りは、経営者もフリーターも会社員も全員おんなじやん。」ということに気づき、自分の人生と目の前のビジネスを一致させることでそれを華麗に突破出来ることを知る。

今では、かつての自分のような糞詰まり方をする若者を1人でも減らすために、働き方の次元を高めるおもろさも同時に伝えながら、パソコン1台で起業する具体的な方法論をブログやメルマガで教えたりして、やりたいことを仕事にできています。てかこれ割とみんな出来る。

「起業したい」「就活したくない」「会社辞めたい」そんな人の強烈な味方を自負しておりまする。
ぼくの活動理念や起業ストーリーはこちら

RETURN TOP