ちゃんと枠から抜け出す、パソコン1台で起業する。

【はみラジ対談×2】せどり・情報発信・ローンチ・トレンドアフィリ・FXと色々やってる木下さん(26歳)

この記事は4分で読めます

kino12

どうもー、最近毎朝起きてすぐに運動するようになったらQOL爆アガリした玉井ですこんにちは!

 

晴れの日は家の周りをテキトーに走って、雨の日はジムでテキトーに泳いでます。

 

テキトーというのが個人的にはポイントですねw

 

食いもんとか空間とか人とか自分の状態とか、そのエネルギーの高い低いを感覚で読み取る訓練を結構前からしてるんですが、理屈っぽいぼくは最初は感覚鈍すぎて全然出来なかったんですけど、段々と上達してきてですね、

 

何が言いたいかって、

 

その日どんな予定入ってようがメンタル弱ってようが四の五の言わずに起きたらすぐに身体動かす

 

ってのをやるようになって以来、

 

脳みそが開くというか、視界が広がるというか、おでこの周りが明るくなるというか、

 

なんかそういう感覚があって、確実に1日に使えるエネルギー量が増えてることが分かるんですね。

 

謎のビジネス系のオーディオ教材を聞いてる時に、

 

人生を変えたいなら何よりもまず毎朝起きたらすぐ運動する習慣を身につけろ。

 

的なことが長々と力説されてて、なんとなく、

 

「あー確かにそうかもしれんw」

 

と思って始めたのがキッカケですw

 

その教材の中では、

 

運命というのは毎日の習慣、『習慣=運命』なんです。

あなたの今日の習慣を見ればあなたの運命が分かるんです。

 

みたいなことも言われてて、それもなんとなく、

 

「あー確かにw」

 

と思わされたので、まあこんなこと誰もが言うようなことですけど、個人的にたまたま上手く腹に落ちてくれたので、とりあえず続けてみようと思います。

 

ちなみに、何かを習慣にするには【最初の21日間】が勝負らしいです。

 

これは別の本に書いてたんですが、

 

最初の壁はまず【3日】。中国の古典『老子』に「一は二を生じ、二は三を生じ、三は万物を生ず」とあるように「3」は安定の数。2点では安定しないけど、3点で支えれば安定する。

 

次の壁は【7日】。1/7=0.1428571…のようにあらゆる整数を7で割ると循環小数になる。つまり、7日間続けることでそれが永久に続くよう潜在意識内にプログラムされる。

 

つまりは「3×7=21」が潜在意識を書き換える最強の数字!!!

 

まあこんなの理屈にもなってないですけど、こういうのはあやかったもん勝ちですからねw

 

とりあえず21日間続けてみようと思います(現在14日目)。

 

と、ここまでが冒頭なんですが、本題とは全く関係ありませんw

 

えー1週間ほど前から『はみラジ対談』というのを試験的に始めてみたわけですが、

(→【閲覧注意】はみラジ新コーナーのお知らせ!!)

 

ちょこちょこ感想ももらったりしてて意外と好評感あるので、調子づいて新たにコンサル生と対談録ったので、今回はそれをば共有したいと思います。

 

せどり・情報発信・ローンチ・トレンドアフィリ・FXと色々やってる木下さん(26歳)

 

ハンドルネーム時代のぼくの塾&コンサルに参加してくれ、それ以来なにかと仲良くさせてもらってる木下さん。

 

大学時代に別に1人で飯が食える力が身についたわけでもないのに就活をサクッと辞めてしまい、

大学卒業後に本格的にビジネスに取り組み、まずは本のせどりで飯が食えるレベルになり、

得意のテニスの情報発信でもマネタイズ出来るようになりネットビジネスを覚え、

プロダクトローンチの事業に携わるようになり、そこでトレンドアフィリやFXを経て、

そのローンチ事業が軌道に乗り始め先月は月商450万円ほどになり自身も年収1千万ペースに…

 

とまあこんな感じで、色々と要領よくこなしてる器用な人でもあるんですが、

本人は1つドップリやりたいことを見極めて一心不乱に突き進みたいような人だったりします、多分w

 

今気づいたんですが、ぼくがこういう仕事を始めてから知り合った人で1番付き合いの長い方ですw

 

この業界って、てか何事もそうっすけど、

 

・ちょっと上手くいった、上手くいかなかったで一喜一憂してその度に立ち止まる

・何でもかんでもあーだこーだ考えてばっかで気づいたらみんなに置いていかれる

 

思考にばっかエネルギー使ってる人というか、目標がない・ゴール設定してない人というか、そういうパターンが1番厄介で、それならむしろ思考停止して手足動かしまくってるほうが遥かにマシなんですが、

 

木下さんは、

 

思考すること・行動することのバランス感覚が優れてる

 

ぼくから見るとそういう方ですね。

 

色んなビジネスに取り組んでるから金銭欲とか物欲が激しめの人かと思いきや、

 

「月10万あったら東京でも自由に生きていける」

 

と言うくらい物欲がないらしくw、それよりも成長したい、実力を身につけたい、レベルアップしたい、というのがエネルギー源だそう。

 

なんか盛り上がって2つ録れたので、2つとも共有したいと思いますw

 

00:00:00 木下さんの他己紹介&自己紹介

00:05:51 THE就職でもTHE起業でもない第3のレール

00:10:18 きっかけはクソ怪しげなネットビジネスの動画

00:15:00 この人に出来るなら自分にも出来ると思わせてくれた

00:16:53 元々大企業に入るより月10万でも自由な方が良かった

00:20:02 自分の力でマネタイズ出来る感覚はせどりが教えてくれた

00:23:53 全部1人でやるよりチームの一員として役割を発揮したい

00:27:24 周りに貼られたレッテルに負けずに自分の理想を実現する

00:30:18 ありとあらゆる生き方・働き方を情報として受け取れる時代

00:33:22 今関わるプロジェクトを年商1億円超えにするのが今の一旦の目標

00:34:52 自分自身が圧倒的成長をしながら情報発信を通して人を勇気づけたい

00:36:39 就職も起業もフリーで働く道も全てフラットに眺めて見極める

 

 

00:00:00 ビジネスのロジックではなくまずコンテンツ力ありき

00:05:46 過去の実績ではなく未来への熱量をブランディングする

00:11:22 エフィカシーさえあれば如何様にもマネタイズ出来る

00:14:40 むしろ実績なくてビッグマウスな方が応援されるしおもろい

00:17:20 情報発信を自分が最高に成長するための武器として捉える

00:19:51 情報発信ビジネスをお金を稼ぐだけのツールとして捉えると糞づまる

00:22:31 玉井が根拠なく雑にメンバーを励ましてる説

00:25:03 めっちゃ悩んだ・辛かったならそれが自分のコンテンツになる

00:26:13 自分も相手も過去でも現在でもなく描いてる未来で評価する

 

 

◯木下さんのテニスのブログはこちら

◯木下さん超絶オススメの本田圭佑メルマガはこちら

 

2つ目の対談はぼくがやってるスクール内で配ろうかと思ったモノなので、インデックスを見るとお分かりのように割と情報発信ビジネスのロジックだったりビジネスのマインドセット成分が多めです。

 

なので、

 

「ネットでの情報発信を何らかの形でマネタイズしようと思ってる」

「これから何かしらのビジネスに取り組んでみようと目論んでる」

「ネットビジネスやってるけど思うような成果が出ず糞詰まりかけてる」

 

そういう方は特に聞いてみてください。

感想等あればkentarotamai01@gmail.comまでどうぞ!

 

というわけで今回は以上になります、ではではー!

 


 著者プロフィール

  玉井健太郎(たまけん)

1989年和歌山県生まれ。東京大学農学部卒業。大学在学中に友だちと資本金2円で起業。

ネットビジネスを猛烈に勉強し、起業後3ヶ月で1000万円ほど稼ぎ完全に調子に乗るも、それから3年もの間"働かなくても生きていける自由という名の絶望"を味わいビジネスが大嫌いになる。

その途中「『仕事=労働』という枠から抜け出さない限りは、経営者もフリーターも会社員も全員おんなじやん。」ということに気づき、自分の人生と目の前のビジネスを一致させることでそれを華麗に突破出来ることを知る。

今では、かつての自分のような糞詰まり方をする若者を1人でも減らすために、働き方の次元を高めるおもろさも同時に伝えながら、パソコン1台で起業する具体的な方法論をブログやメルマガで教えたりして、やりたいことを仕事にできています。てかこれ割とみんな出来る。

「起業したい」「就活したくない」「会社辞めたい」そんな人の強烈な味方を自負しておりまする。
ぼくの活動理念や起業ストーリーはこちら



「1人で起業できるだけの武器や自信を身につけたい。」
「就活に強烈な違和感がある、レールから脱線したい。」
「今の会社を辞めて、自分のやりたいように働きたい。」


そんな、世の中に違和感を覚えるセンス溢れる人たちが集まるメルマガコミュニティを運営してます。

今メルマガ内で掲げているテーマは、

◯金銭的に自立できるだけの具体的な武器
◯己の人生を自分で切り開いていく圧倒的な体感


この2つをみんなに手に入れてもらうこと、です。

ひたすらに情報収集したり、知識だけ蓄えてもあんまり意味がない。
ちゃんと"身体感覚"レベルにまで落としてこそ、生き方・働き方のパラダイムシフトが起こせる。


まずは14日間でぼくと一緒に鬼のようにレベルアップしませんか?


というわけで割と濃厚なメルマガとなっております。ご覚悟くださいませw

「レールから脱線したい、枠から抜け出したい、自分の殻を破りたい」

あなたのご参加お待ちしてます。ワクワクすることをやろう。






※現在ご登録の場合、情報発信ビジネスの全体像と0から始める手順などを丁寧に解説した、
動画4本・PDF4本(全文書き起こしやレジュメ・音声も)
全て一気にプレゼント中です。
かなり実践的な内容ですが、メルマガ講座内ではこれを『基礎』とします。

「世界一分かりやすい!」という声を、別に頂いてはないんですが、頂きそうな予感はしておりますw

※メールはいつでも解除できますし、ぼく以外からメールが来ることは2万%ありません。

あわせて読みたい

  1. 5ffa2243-s
  2. s__24862728
  3. radiocho
  4. dogs_who_have_impeccable_timing_640_02-e1411635472248

著者プロフィール

玉井 健太郎(たまけん)

1989年和歌山県生まれ。東京大学農学部卒業。大学在学中に友だちと資本金2円で起業。

ネットビジネスを猛烈に勉強し、起業後3ヶ月で1000万円ほど稼ぎ完全に調子に乗るも、それから3年もの間"働かなくても生きていける自由という名の絶望"を味わいビジネスが大嫌いになる。

その途中「『仕事=労働』という枠から抜け出さない限りは、経営者もフリーターも会社員も全員おんなじやん。」ということに気づき、自分の人生と目の前のビジネスを一致させることでそれを華麗に突破出来ることを知る。

今では、かつての自分のような糞詰まり方をする若者を1人でも減らすために、働き方の次元を高めるおもろさも同時に伝えながら、パソコン1台で起業する具体的な方法論をブログやメルマガで教えたりして、やりたいことを仕事にできています。てかこれ割とみんな出来る。

「起業したい」「就活したくない」「会社辞めたい」そんな人の強烈な味方を自負しておりまする。
ぼくの活動理念や起業ストーリーはこちら

RETURN TOP