ちゃんと枠から抜け出す、パソコン1台で起業する。

【閲覧注意】はみラジ新コーナーのお知らせ!!

この記事は5分で読めます

5ffa2243-s

どうも、久々に『鋼の錬金術師』を読み直してみたらドハマりしてしまった玉井ですこんにちは。

 

作者の荒川弘さんって女性の方なんですけど、ハガレン連載中の妊娠中&出産後に1度も休載することなかったらしいんですよね。

 

すごいっすよね。

 

「ん、何かエネルギー乗っからへんから今日は遊ぼうw」

「ああ、ちょっと今エネルギー低いから回復に努めよう」

 

と、訳の分からぬエネルギーという概念を謎のエクスキューズにして仕事をサボることでお馴染みのぼくとしては、彼女の働き方から見習うべきことが沢山あるなあと。

 

ただそう思ったのも束の間、

 

「そんな彼女の作品であるハガレンを読むことで沢山のことが学べるのではないか!?」

 

という新たなエクスキューズを構築して、仕事をサボることに徹していた昨日今日でございます。

 

スクリーンショット 2017-06-01 17.10.59

 

ハガレンには「錬金術の基本は理解→分解→再構築」と書かれてありますが、我ながら国家錬金術師レベルの構築力だと思いましたねw

 

…はい、というわけで、これ書き終わって早く続きの17巻を読みたいので早速本題へとw

 

今日の内容を簡潔に述べると、

 

「コンサル生やESIメンバーと対談音声を録りました!どうぞ!」

 

ということなんですが、その前に少しだけ経緯を説明するくだりをさせて下さい。

 

えーまず、去年から地道に続けておる『はみラジ』なんですけど、雑にそのコンセプトというか、ぼくらの活動理念的なものをおさらいすると、

 

「誰ぞに敷かれたレールにもし違和感があるなら今すぐ脱線しようぜ!応援するで!」

「その上で自分らしいおもろい生き方や働き方を追求していく道を一緒に進もうぜ!」

「で、そんなやつらが色んなフィールドで活躍せんとするコミュニティ作ってるで!」

「そしたら良い循環起きまくって全員が最強にならんとする未来が待ってるで!知らんけど!」

 

みたいなものであって、それに則って、無責任にみんなの背中を押しまくるという仕事をしつつ、個人的にはそれを情報発信ビジネスのフィールドに降ろして伝えさせて頂いてるのがぼく、というわけです。

 

「仕事=労働の枠から抜け出して、成果や利益とは別の『働き方の次元』みたいなもの”も”高めようぜ!」

 

というぼくのメルマガに頻繁に登場する言葉も、その表現の1つなわけです。

 

勿論『はみラジ』もこういった活動の1つ。

 

で、最近ぼくの周りの人達が嬉しいことに色々と良い意味で現象化してきてて、コンサル生やESIのメンバーもそうですが、中にはネットビジネスとは全く関係ない人も多数。

 

であるならば、今後そういう人たちを対談を録ってそれを『はみラジ』でみんなに共有していこうではないか、という考えに至ったんですね。

 

そのほうが、ぼくと奥村(ブログはこちら)2人の対談だけのラジオよりも、よりより表現が広がるというか、2人だとどうしても表現しきれないところも見せていけるというか、リアルでのコミュニティの活動もネットで上手く表現できるんじゃないかというか、

 

ぶっちゃけ「おもろいからやろか!」ってなっただけっすけどw、

 

まあ、そういうわけですw

 

というわけで、早速2人と録ったものがあるので、それを共有したいと思います。

慶應大学→大手銀行→会社を辞めてナンパ講師になったパックマン(30歳)

 

ちょうど1年前にぼくのコンサルを受けに来てくれ、今や普通に友だちのパックマン。

 

あまりにもナンパをマスターしたすぎて大手銀行をすんなり辞めてしまい、

でもそっから全く成果出なくて駅のホームで辛すぎて1人男泣きし、

200万円以上のアダム徳永のセッ◯ス講習を受けて貯金を枯らし、

エアビで六本木に引っ越し(?)てクラブに通いまくって大嫌いな酒を克服し…

 

と、こういう書き方するとナンパへの執念が凄まじいストイックな変人、に見えるんですがw、

 

普通にめっちゃええやつ。信頼できるやつ。

 

ですw

 

不器用で、正義感強くて、周りとすぐぶつかって、人の意見を一切聞かない頑固者

 

が、その良さをそのまま残したまま、

 

新しい環境にすぐ身を投じ、素直に人とも絡みまくり、色んなものを吸収し成長しまくるおもろい人

 

になった、ここ1年で劇的に変化した、ぼくから見るとそんなパックマンです。

 

ぼくや奥村とは正直タイプが全然似てないのでw、1つまた違う表現が出来たと思います。

 

「あ、なんかそのニュアンス自分と似てるわww」

 

って人は特に、色んな共感や気づきがあると思います。

 

◯パックマンのブログはこちら

 

00:00:00 ナンパ講師パックマンの自己&他己紹介

00:04:41 頑固・嫉妬・復讐マインド時代のエピソード

00:09:18 人と本音でぶつかり合いまくることで得られた気づき

00:13:43 ストリートナンパのために大企業を辞めたエピソード

00:20:18 人生の谷底から一転天狗になり天狗の鼻を折られた経験から得た教訓

00:26:28 頑固なやつほど今と対極にあるモノに敢えて身を投じろ

00:29:35 これからパックマンがやっていきたいこと

 

ネットビジネスで資金を稼ぎ現在ユーラシア横断中の現役東大生kimamanさん(21歳)

 

ぼくのコミュニティであるESIのメンバーで、出身大学も同じkimamanさん。

 

15歳の頃に部活がキッカケで鬱病になりセルフイメージが完全に底をつくも、

独学でコーチングを学び高3の夏に文転しながらも現役で東大に合格し、

大学3年時にネットビジネスを始め、初月から独学でメルマガアフィリで成果を出し、

情報発信ビジネスを始めすぐに6〜70万円ほど稼ぎ、ゼロからマネタイズできる自信をつけ、

現在は大学を休学し3〜4ヶ月かけてユーラシアを陸路で横断する旅を絶賛謳歌中。

 

という、東大生にしては容赦なく色んな枠からはみ出まくりでお馴染みのkimamanさんです。

 

この前の叙々苑記事にも書きましたが、

 

「最近の子は早熟やなあ、行動移すの早えわ。」

 

と思う今日この頃、彼も21歳という若さで既に色々おもろいことにチャレンジしてるわけですよ。

 

と、ふと自分が21歳の頃を思い返してみると、

 

授業中は友だちとひたすらモンハンに夢中、仲良い連中と酒飲んで騒いでは人に迷惑をかけ、てか普通にここに書けないことをして遊び、「このままやとあかんなあ」と思いながらも何していいか分からず…

 

みたいな、うんこ大学生でしたからね。

 

大学を卒業したのは3年くらい前ですが、大学生の生活を辞めてから5年近く経つので、もう今の大学生とは少し感覚が違う、というかあの頃の感覚を忘れつつあるので、

 

無慈悲に迫ってくる社会に盲目的に身を投じることに違和感のある学生

 

は、是非とも聞いてみて下さい。

 

彼の良さを出すために「偉そうにしゃべって!」とお願いし、結構ええ感じの音声が録れたと思いますw

 

◯kimamanさんのブログはこちら

 

00:00:00 現役東大生kimamanさんの自己&他己紹介
00:03:37 5つの自由力を高めるというコンセプト

00:06:41 盲目的に集団に属すことの危険性とセルフイメージの話
00:13:30 メルマガアフィリエイトは誰に教わらずとも出来る
00:19:06 自分でお金を稼げるという体感を得ると一気に選択肢が広がる
00:20:58 大学生kimamanさんが今の大学生に伝えたいこと

 

 

 

というわけで今後はこういった対談音声の形でもっと色んなことを伝えていけたらなと思います。

 

今回の2人に何かしら通ずるものを感じたという方はブログやメルマガもチェックしてみて下さい。

 

ネットビジネスの業界は特に、ですが、

 

「私は悩みもなく欲しいものも手に入れ、悠々自適に夢のような生活を送っていまーす!」

 

というブランディングをする人が多いですが、まあこれだいたい嘘なんですけどw、ほんとだとして、「ねえ?それほんとに楽しいかい?ねえ?」と尋ねたくなるとこあるじゃないですか?w

 

別にそれを目指す生き方までは否定しませんが、ぼくらはあくまで、

 

「各々何かしら目指すもの・思うことがあって、今はそのゴールに向かって道中を謳歌してるぜ!」

 

そんな人であるというかありたいというか。何が言いたいかって、

 

ぼくは常に、人生糞づまりまくってもちゃんと考えてる人や、目指すものが見つかっても成果出なくて苦しんでる人や、逆に成果出すぎて天狗になって調子乗りつつも心の奥ではめっちゃ悩んでる人、の味方でありたいというか、

 

そういうのがおもろい

 

と思ってるのでw、

 

はみラジはそんな人を勇気づけたいラジオである、という認識で今後も聞いて頂けたらなと思います。

 

てなかんじで、今回は以上です。ではでは!

 


 著者プロフィール

  玉井健太郎(たまけん)

1989年和歌山県生まれ。東京大学農学部卒業。大学在学中に友だちと資本金2円で起業。

ネットビジネスを猛烈に勉強し、起業後3ヶ月で1000万円ほど稼ぎ完全に調子に乗るも、それから3年もの間"働かなくても生きていける自由という名の絶望"を味わいビジネスが大嫌いになる。

その途中「『仕事=労働』という枠から抜け出さない限りは、経営者もフリーターも会社員も全員おんなじやん。」ということに気づき、自分の人生と目の前のビジネスを一致させることでそれを華麗に突破出来ることを知る。

今では、かつての自分のような糞詰まり方をする若者を1人でも減らすために、働き方の次元を高めるおもろさも同時に伝えながら、パソコン1台で起業する具体的な方法論をブログやメルマガで教えたりして、やりたいことを仕事にできています。てかこれ割とみんな出来る。

「起業したい」「就活したくない」「会社辞めたい」そんな人の強烈な味方を自負しておりまする。
ぼくの活動理念や起業ストーリーはこちら



「1人で起業できるだけの武器や自信を身につけたい。」
「就活に強烈な違和感がある、レールから脱線したい。」
「今の会社を辞めて、自分のやりたいように働きたい。」


そんな、世の中に違和感を覚えるセンス溢れる人たちが集まるメルマガコミュニティを運営してます。

今メルマガ内で掲げているテーマは、

◯金銭的に自立できるだけの具体的な武器
◯己の人生を自分で切り開いていく圧倒的な体感


この2つをみんなに手に入れてもらうこと、です。

ひたすらに情報収集したり、知識だけ蓄えてもあんまり意味がない。
ちゃんと"身体感覚"レベルにまで落としてこそ、生き方・働き方のパラダイムシフトが起こせる。


まずは14日間でぼくと一緒に鬼のようにレベルアップしませんか?


というわけで割と濃厚なメルマガとなっております。ご覚悟くださいませw

「レールから脱線したい、枠から抜け出したい、自分の殻を破りたい」

あなたのご参加お待ちしてます。ワクワクすることをやろう。






※現在ご登録の場合、情報発信ビジネスの全体像と0から始める手順などを丁寧に解説した、
動画4本・PDF4本(全文書き起こしやレジュメ・音声も)
全て一気にプレゼント中です。
かなり実践的な内容ですが、メルマガ講座内ではこれを『基礎』とします。

「世界一分かりやすい!」という声を、別に頂いてはないんですが、頂きそうな予感はしておりますw

※メールはいつでも解除できますし、ぼく以外からメールが来ることは2万%ありません。

あわせて読みたい

  1. radiocho
  2. dogs_who_have_impeccable_timing_640_02-e1411635472248
  3. s__24862728
  4. kino12

著者プロフィール

玉井 健太郎(たまけん)

1989年和歌山県生まれ。東京大学農学部卒業。大学在学中に友だちと資本金2円で起業。

ネットビジネスを猛烈に勉強し、起業後3ヶ月で1000万円ほど稼ぎ完全に調子に乗るも、それから3年もの間"働かなくても生きていける自由という名の絶望"を味わいビジネスが大嫌いになる。

その途中「『仕事=労働』という枠から抜け出さない限りは、経営者もフリーターも会社員も全員おんなじやん。」ということに気づき、自分の人生と目の前のビジネスを一致させることでそれを華麗に突破出来ることを知る。

今では、かつての自分のような糞詰まり方をする若者を1人でも減らすために、働き方の次元を高めるおもろさも同時に伝えながら、パソコン1台で起業する具体的な方法論をブログやメルマガで教えたりして、やりたいことを仕事にできています。てかこれ割とみんな出来る。

「起業したい」「就活したくない」「会社辞めたい」そんな人の強烈な味方を自負しておりまする。
ぼくの活動理念や起業ストーリーはこちら

RETURN TOP