ちゃんと枠から抜け出す、パソコン1台で起業する。

LCCとエアビのコンボでセブ島の豪邸1ヶ月滞在したら人生変わる説。

この記事は5分で読めます

goutei

どうもー、この間まで都会の花粉から逃れるために沖縄に滞在しておりました、玉井です。

 

前後に予定あって1週間くらいしかおれなかったんすけどねw

なので今は皆様と同じく花粉に苦しまされてるんですけれども。

 

てかそもそも今の花粉症の流行って、

 

戦争中に建物が燃えたり壊れたりしまくったおかげで木材の需要が急増したから、

戦後むちゃむちゃスギの木植えまくるっていう政策をやってみたはいいものの、

高度経済成長を経て林業が衰退&木材自体も海外から安くゲットできるようになって、

じゃあ国内のスギの木とか全然需要なくなったわ、ってそのまんま割と放置気味にしてたら、

勝手にスギ木育つわ数増えるわで花粉の飛散量やえらいことなって今に至る。

 

ってな具合らしいんですよね、諸説ありますけども。

 

まじでふざけんなよってかんじですよね。

 

oko

 

思わず突然の絵文字登場ですよね。

 

 

それとは対照的に沖縄はむっちゃ良かったです。

 

S__3227680

 

S__3227678

 

S__3227673

 

綺麗な写真探したんですけど食いかけの汚いヤツしかなかったですw

 

ちなみに、「沖縄行ったら海で遊ぼ!日焼けもできるし!」と思って、

海パンとゴーグル、おまけに謎に水泳帽まで持参したんすけど、

まだ余裕で海開きしてなかったので一切使う機会なかったですね。

 

あと、「沖縄来たからには沖スロ打とや!絶対勝つやん!w」っていう流れになったんですけど、

勝った金でお風呂屋さん行こや!って割とノリノリだったんですけど、

余裕でお風呂入れたくらいの額は負けましたよね。

 

おまけに、今回一緒に行ったのはストリートナンパを教えてるナンパ師さんだったんですけど、

だから「沖縄ナンパやるぜ!」って意気揚々とされてたんですけど、

実際は、国際通りも人少ないし、半分以上中国人やし、若い子とかほぼいない状況だったんで、

 

「声かけるやつおらん…」

 

と1人で嘆いておられましたねw

(ナンパ目的で沖縄行かれる男性諸君は絶対夏に行ったほうが良いと思います。)

 

 

って全然沖縄堪能してないやんけ!って言われそうなんですけど、個人的には収穫があって。

 

順を追って説明しないとなんですが、

 

まず、人生初、LCCに乗ったんですねw

 

最初はむちゃむちゃビビッてたんですけど、

3時間程度、本読んでたら一瞬で着いたので意外とイケました。

 

で、何が言いたいかって、

 

移動費ゲロ安

 

なんですよね、LCCってw

 

当たり前やんけって思われそうなんですけど、

東京⇔沖縄の片道6800円とかもあるんですよ。

 

往復15,000円で沖縄行けるやん、それ東京から新大阪の新幹線片道やんっていう。

 

 

あと、これもまた人生初、Airbnb使ったんですね。

 

何が言いたいかって、

 

滞在費ゲロ安

 

なんですね、エアビってw

 

これも知ってるわって突っ込まれそうなんですけど、

ホテルでいうところのデラックスツインくらいのサイズ感で、

新築やからむっちゃ部屋綺麗かつデカめのバルコニーまでついてて、

 

1人1泊4000円切るんですよ、そこに泊まったんですけど。

 

で、この

 

移動費&滞在費ゲロ安

 

のコンボが個人的には衝撃的すぎて。

 

てか特に「エアビむっちゃええやん!」ってことに今更ながら気づかされまして、

色々エアビで調べてみたら、むちゃむちゃええ感じのとこいっぱいあるんですね。

 

例えば、『セブ島』で検索してみたらこんなかんじ。

(上2つの画像クリックしたらエアビのサイトにジャンプします)

 

ooo

 

aa

 

これで1人1部屋でもそれぞれ1泊26$、52$。2人だったらさらに半額の13$、26$。

まあプールとかは貸し切りじゃないですけど、部屋自体もそれぞれ、

 

iine

 

eabi

 

「いやいや普通に綺麗やんけw」ってかんじですよねw

 

だから、こういうとこ2人で1ヶ月滞在したとして、1人当たりの家賃5万切ったりもするわけですよ。

 

パソコン1台あればどこでも仕事できるぜって人にとっては、

シンプルに値段が安いとかどうとかいうレベルじゃなく、

自分のこれからの働き方、人生設計を考えさせられるほどの衝撃ですよねw

 

 

とか言いつつ、まあ別に海外ノマドみたいな人って既に割と普通にいますからね。

だから問題にしたいのはここじゃなくて。

 

 

bee

 

beso

 

too

 

例えばこういう豪邸ですよ。

 

https://www.airbnb.jp/rooms/2825843?checkin=2017%2F04%2F13&checkout=&guests=1&adults=1&children=0&infants=0&s=DA9UZG-S

 

リンクから見てもらったら分かるんすけど、10人で1泊$489なんですよ。1人約5000円。

 

これ、ヤバないっすか?w

 

アパ◯テルよりも遥かに安い値段で、みんなでこれ全部貸し切りっすよ。

 

これ、ヤバないっすか?w

 

 

で、こういうのって、

 

お金にも時間にも余裕あるやつばっか集まって行ってもしょーもないじゃないですか。

まあおもろいとは思うんすけど、なんかしょーもないじゃないですかw

 

でも、例えば就職したくない大学生とか、独立希望のサラリーマンとか、

これから「自分の力で飯を食っていこうとする人たち」を集めて、

例えばここで1ヶ月とか半月とか寝食ともにしてガッツリビジネス構築しまくる合宿とかやれば、

 

めちゃめちゃ意義深いじゃないですか。

 

1ヶ月や半月くらい大学生だったら休み使えば余裕やし、

まあサラリーマンも有給使えばなんとかなるっちゃなる、多分。

 

金額的にも、丸々1ヶ月借りたとして1人当たり移動費込で20万ちょいですよ、LCCあるし。

だから多分30万くらいあったらこの大豪邸で1ヶ月暮らせる、半月だったら半額近くなる。

 

しかも合宿だからビジネス構築とか鬼のように進むわけですよ、つまり人生むっちゃ進む。

 

なによりも、こんなストレス皆無の海外の自然溢れる豪邸で1ヶ月暮らしてしまったら、

しかもそこでも仕事できる、働けるってことを身をもって体感してしまったら、

メンタル的に死ぬほど変化起こりまくると思うんですよね。

 

ずっと日本におる間は、

 

「ああ、就職したくないけど、でも不安やしなあ…」

「◯年以内に会社辞めるの目標に、明日も頑張ろ…」

 

みたいな意識だったのが、

 

「は?就職とか無理むりw」「うわ、もう会社やーんぴ!」

 

ってな具合に劇的な変化を遂げると思うんですよねw

 

ライザップよりも結果にコミットさせられますよ、まじで。

 

ぼく自身もむっちゃおもろいですし。

 

 

と、まあまだ死ぬほど妄想の段階なんですけど、

こんな感じの企画やりたいなあというのを沖縄にいる時にふと思わされました。

 

一応帰ってきてからちょこちょこ周りには、

 

「ちょ、こういうのやろや!」

 

って声かけてるんで、それっぽい企画いずれやります。今年中にはやりたいと思ってます。

 

なのでその時は是非一緒に遊びましょう!ではなく、ビジネスしましょうw

 

というわけで、沖縄行った日記と企画の妄想の共有、でした!ではではー

 


 著者プロフィール

  玉井健太郎(たまけん)

1989年和歌山県生まれ。東京大学農学部卒業。大学在学中に友だちと資本金2円で起業。

ネットビジネスを猛烈に勉強し、起業後3ヶ月で1000万円ほど稼ぎ完全に調子に乗るも、それから3年もの間"働かなくても生きていける自由という名の絶望"を味わいビジネスが大嫌いになる。

その途中「『仕事=労働』という枠から抜け出さない限りは、経営者もフリーターも会社員も全員おんなじやん。」ということに気づき、自分の人生と目の前のビジネスを一致させることでそれを華麗に突破出来ることを知る。

今では、かつての自分のような糞詰まり方をする若者を1人でも減らすために、働き方の次元を高めるおもろさも同時に伝えながら、パソコン1台で起業する具体的な方法論をブログやメルマガで教えたりして、やりたいことを仕事にできています。てかこれ割とみんな出来る。

「起業したい」「就活したくない」「会社辞めたい」そんな人の強烈な味方を自負しておりまする。
ぼくの活動理念や起業ストーリーはこちら



「1人で起業できるだけの武器や自信を身につけたい。」
「就活に強烈な違和感がある、レールから脱線したい。」
「今の会社を辞めて、自分のやりたいように働きたい。」


そんな、世の中に違和感を覚えるセンス溢れる人たちが集まるメルマガコミュニティを運営してます。

今メルマガ内で掲げているテーマは、

◯金銭的に自立できるだけの具体的な武器
◯己の人生を自分で切り開いていく圧倒的な体感


この2つをみんなに手に入れてもらうこと、です。

ひたすらに情報収集したり、知識だけ蓄えてもあんまり意味がない。
ちゃんと"身体感覚"レベルにまで落としてこそ、生き方・働き方のパラダイムシフトが起こせる。


まずは14日間でぼくと一緒に鬼のようにレベルアップしませんか?


というわけで割と濃厚なメルマガとなっております。ご覚悟くださいませw

「レールから脱線したい、枠から抜け出したい、自分の殻を破りたい」

あなたのご参加お待ちしてます。ワクワクすることをやろう。






※現在ご登録の場合、情報発信ビジネスの全体像と0から始める手順などを丁寧に解説した、
動画4本・PDF4本(全文書き起こしやレジュメ・音声も)
全て一気にプレゼント中です。
かなり実践的な内容ですが、メルマガ講座内ではこれを『基礎』とします。

「世界一分かりやすい!」という声を、別に頂いてはないんですが、頂きそうな予感はしておりますw

※メールはいつでも解除できますし、ぼく以外からメールが来ることは2万%ありません。

あわせて読みたい

  1. sukinakoto
  2. item19_megami2_l
  3. bottou
  4. bunsi

著者プロフィール

玉井 健太郎(たまけん)

1989年和歌山県生まれ。東京大学農学部卒業。大学在学中に友だちと資本金2円で起業。

ネットビジネスを猛烈に勉強し、起業後3ヶ月で1000万円ほど稼ぎ完全に調子に乗るも、それから3年もの間"働かなくても生きていける自由という名の絶望"を味わいビジネスが大嫌いになる。

その途中「『仕事=労働』という枠から抜け出さない限りは、経営者もフリーターも会社員も全員おんなじやん。」ということに気づき、自分の人生と目の前のビジネスを一致させることでそれを華麗に突破出来ることを知る。

今では、かつての自分のような糞詰まり方をする若者を1人でも減らすために、働き方の次元を高めるおもろさも同時に伝えながら、パソコン1台で起業する具体的な方法論をブログやメルマガで教えたりして、やりたいことを仕事にできています。てかこれ割とみんな出来る。

「起業したい」「就活したくない」「会社辞めたい」そんな人の強烈な味方を自負しておりまする。
ぼくの活動理念や起業ストーリーはこちら

RETURN TOP