ちゃんと枠から抜け出す、パソコン1台で起業する。

【音声】枠から抜け出すために『主人公感(エフィカシー)』を強める。

この記事は2分で読めます

naruto

こんにちは〜

今回は前回大好評だった音声コンテンツの続き、です!

(前回の音声記事のリンクは下部に載せておきます)

 

大好評だったかどうかは完全なる独断と偏見と勝手な思い込みなんですが、
音声コンテンツ作りって結構エネルギーを使うので、
ぼくの今後のモチベ的な意味でもまあそういうことにしといてやってください、と。

 

で、前回は「抽象度」について暑苦しく語ったわけですが、この抽象度というのは、

 

親、友人、先生、同僚、社会、世間に敷かれたレールから脱線する

過去の自分によって知らぬ間に設定してしまってる枠から抜け出す

 

そのために高めていくべき力の1つ、でもあるわけですよね。

で、今回の音声では、その抽象度と対になるもう1つの概念が登場します。

 

ちょろっとインデックス的なものを記載しておくと、

 

・前回の「抽象度」について軽くおさらい
・ぼくの人生の2大ターニングポイントの統合&再定義
・人は自分もしくは他人が設定した枠の中に生きている説
・枠から抜け出すために高めるべき抽象度と対になる力
・エフィカシーとは主人公感、主人公補正をかけること
・エフィカシーの視点からビジネスを眺めてみる
・全ての人の過去には全てに通ずるグランドセオリーがある
・「仕事=労働」の枠内にいる以上 、フリーターも社長も同じである
・働き方、ビジネスを再定義して、一緒にスタートラインに立とう

 

こんなかんじです。

 

個人的には、恥も外聞もなく自分自身の過去とかも語ったので、

そこにはものスッゴイこそばゆさがあったりなかったりなんですが、まあそんなことはどうでもよくて、

 

自分は人生の支配者であり、主人である。

 

この感覚を強めることが抽象度と同様、如何に大切か?を精一杯伝えてみました。

 

さらに今回は、前回の内容と合わせた上で、最後にビジネスの新しいパラダイムを提示しました。

 

ビジネスを再定義し、働き方のステージを上げる。

 

まあ雑に言うとこんなかんじなんですが、

この言葉だけ聞いて「ハッ!」と思うセンス溢れる人は、とりあえず今すぐ全部聞いて下さい笑

 

これについての詳しい説明等は次回以降に譲りますが、

今回は、今後みなさんにパラダイムシフトを起こしてもらうための大前提となる話をしたので、

是非、じっくり聞いてもらえればなと。

 

音声はこちら↓
(保存したい方はこちらをクリック)

 

次の音声も近いうちにうpりますゆえお楽しみに〜

 

感想等あらば、

kentarotamai01@gmail.com

まで。全部読ませて頂いてますし、時間の許すかぎり返信もしています。
以上です、それでは!

 

関連記事はこちら↓

 

【音声】全ては『抽象度を上げる』ことで解決する、ということ。

オーディオ教材を聴くのが苦手な人にオススメしたい3つの物。

 


 著者プロフィール

  玉井健太郎(たまけん)

1989年和歌山県生まれ。東京大学農学部卒業。大学在学中に友だちと資本金2円で起業。

ネットビジネスを猛烈に勉強し、起業後3ヶ月で1000万円ほど稼ぎ完全に調子に乗るも、それから3年もの間"働かなくても生きていける自由という名の絶望"を味わいビジネスが大嫌いになる。

その途中「『仕事=労働』という枠から抜け出さない限りは、経営者もフリーターも会社員も全員おんなじやん。」ということに気づき、自分の人生と目の前のビジネスを一致させることでそれを華麗に突破出来ることを知る。

今では、かつての自分のような糞詰まり方をする若者を1人でも減らすために、働き方の次元を高めるおもろさも同時に伝えながら、パソコン1台で起業する具体的な方法論をブログやメルマガで教えたりして、やりたいことを仕事にできています。てかこれ割とみんな出来る。

「起業したい」「就活したくない」「会社辞めたい」そんな人の強烈な味方を自負しておりまする。
ぼくの活動理念や起業ストーリーはこちら



「1人で起業できるだけの武器や自信を身につけたい。」
「就活に強烈な違和感がある、レールから脱線したい。」
「今の会社を辞めて、自分のやりたいように働きたい。」


そんな、世の中に違和感を覚えるセンス溢れる人たちが集まるメルマガコミュニティを運営してます。

今メルマガ内で掲げているテーマは、

◯金銭的に自立できるだけの具体的な武器
◯己の人生を自分で切り開いていく圧倒的な体感


この2つをみんなに手に入れてもらうこと、です。

ひたすらに情報収集したり、知識だけ蓄えてもあんまり意味がない。
ちゃんと"身体感覚"レベルにまで落としてこそ、生き方・働き方のパラダイムシフトが起こせる。


まずは14日間でぼくと一緒に鬼のようにレベルアップしませんか?


というわけで割と濃厚なメルマガとなっております。ご覚悟くださいませw

「レールから脱線したい、枠から抜け出したい、自分の殻を破りたい」

あなたのご参加お待ちしてます。ワクワクすることをやろう。






※現在ご登録の場合、情報発信ビジネスの全体像と0から始める手順などを丁寧に解説した、
動画4本・PDF4本(全文書き起こしやレジュメ・音声も)
全て一気にプレゼント中です。
かなり実践的な内容ですが、メルマガ講座内ではこれを『基礎』とします。

「世界一分かりやすい!」という声を、別に頂いてはないんですが、頂きそうな予感はしておりますw

※メールはいつでも解除できますし、ぼく以外からメールが来ることは2万%ありません。

あわせて読みたい

  1. itasou
  2. matumoto
  3. ara
  4. tyuusyoudo
  5. hannma
  6. sankutyuari

著者プロフィール

玉井 健太郎(たまけん)

1989年和歌山県生まれ。東京大学農学部卒業。大学在学中に友だちと資本金2円で起業。

ネットビジネスを猛烈に勉強し、起業後3ヶ月で1000万円ほど稼ぎ完全に調子に乗るも、それから3年もの間"働かなくても生きていける自由という名の絶望"を味わいビジネスが大嫌いになる。

その途中「『仕事=労働』という枠から抜け出さない限りは、経営者もフリーターも会社員も全員おんなじやん。」ということに気づき、自分の人生と目の前のビジネスを一致させることでそれを華麗に突破出来ることを知る。

今では、かつての自分のような糞詰まり方をする若者を1人でも減らすために、働き方の次元を高めるおもろさも同時に伝えながら、パソコン1台で起業する具体的な方法論をブログやメルマガで教えたりして、やりたいことを仕事にできています。てかこれ割とみんな出来る。

「起業したい」「就活したくない」「会社辞めたい」そんな人の強烈な味方を自負しておりまする。
ぼくの活動理念や起業ストーリーはこちら

RETURN TOP