ちゃんと枠から抜け出す、パソコン1台で起業する。

まじで意味ない記事、でもおもろい動画アリ。

この記事は2分で読めます

omoroi1

昨日は、抽象度高めに人生哲学チックなことを長々と語ってしまったので、

 

人生ちゃんとめっちゃずっと考えてる、ちゃんと。

今日は、なんとなくバランスをとるために抽象度をグッと下げてみようと試みてます、こんにちは〜

 

まあ「適当に書いて1記事稼げるぜ!」的な思惑が全くないかと言われればウソになりますが、
とはいえ「箸休め的な記事は必要やろ。」という意見もこれまたごもっともですからね。

 

 

……

 

 

さて、どうすれば抽象度が下がるかを考えながらパソコンに向かって、

はや15分くらい経過したんですが、一向におもろい案が浮かばないので、

おもろい動画でも紹介して無理くりその目標を達成しようと思います笑

 

 

「一番好きなゴレンジャイは何ですか?」

 

と、読者さんからの質問がもし仮に来たとすれば、
一見「森ビル」と答えるかと見せかけてからの「寿司ボイン」と答えるタイプのぼくにとっては、
この動画はどうしても外せませんね笑

 

どうでもいいですが、

あの頃のダウンタウンは人類史上最強におもろいんではないかと思うぐらいの勢いですよね、

どうでもいいですが。

 

漫才は業界全体的にノウハウが蓄積されてって、時代とともに段々おもろくなってる感も多少ありますが、

コントに関しては今となっても尚ごっつええ感じが結局一番おもろいんではないかと思わざるを得ません。

 

ちなみに、ごっつを除けば、

 


 

が個人的には好みでして、まあかれこれ10回ずつくらいは視聴した気がします。

 

あ、別にお笑い評論的なことがやりたかったわけではなく、

 

ただ、好きっていう理由だけで動画貼っつけてるだけ。

 

ということだけは念のためご理解ください笑

 

あ、あと、

 

 

昔の野爆のロケ映像が、昔大好きだったことを今思い出しました。

 

ネットにうpされてるやつは全部見尽くしましたが、

当時はまじで抱腹絶倒どころの騒ぎではないぐらい笑いこけましたね、まじで。

 

 

とまあ、くうちゃんのおかげで抽象度をグッと下げるという当初の目的も達成されたかなというところで、

今日はこの辺でおしまいにしたいと思います。

 

まじで中身ない記事書いてもた!ではまた〜!

 


 著者プロフィール

  玉井健太郎(たまけん)

人生やばいと思って勢いで大学4年の頃にインターネットビジネスで起業し、3ヶ月で1千万円稼ぐものの、「仕事=労働」という枠を越えない限りは、「フリーターもリーマンも成功者も結局おんなじやん」ってことに気づき、そこから毎日鬼のように考えさせられる日々を送る。

で、なんやかんやあって「働き方を自分自身で再定義してやることでそういう枠から抜け出せる」ということに気づき、今はパソコン1台で起業することを教えながら、枠から抜け出すことが及ぼす人生に対する超絶なインパクトを、1人でも多くの人に伝えるべく活動中。

ぼくの活動理念や起業ストーリーはこちら



 最強のメルマガコミュニティ、やってます。


「1人で起業できるだけの武器や自信を身につけたい。」
「就活に強烈な違和感がある、レールから脱線したい。」
「今の会社を辞めて、自分のやりたいように働きたい。」


そんな、世の中に違和感を覚えるセンス溢れる人たちが集まるメルマガコミュニティを運営してます。

今メルマガ内で掲げているテーマは、

◯金銭的に自立できるだけの具体的な武器
◯己の人生を自分で切り開いていく圧倒的な体感


この2つをみんなに手に入れてもらうこと、です。

ひたすらに情報収集したり、知識だけ蓄えてもあんまり意味がない。
ちゃんと"身体感覚"レベルにまで落としてこそ、生き方・働き方のパラダイムシフトが起こせる。


まずは14日間でぼくと一緒に鬼のようにレベルアップしませんか?


というわけで割と濃厚なメルマガとなっております。ご覚悟くださいませw

「レールから脱線したい、枠から抜け出したい、自分の殻を破りたい」

あなたのご参加お待ちしてます。ワクワクすることをやろう。

ちゃんと枠から抜け出す、パソコン1台で起業するメルマガコミュニティ






※現在ご登録の場合、情報発信ビジネスの全体像と0から始める手順などを丁寧に解説した、
動画4本・PDF4本(全文書き起こしやレジュメ・音声も)を全て一気にプレゼント中です。
「世界一分かりやすい!」という声を、別に頂いてはないんですが、頂きそうな予感はしておりますw

※メールはいつでも解除できますし、ぼく以外からメールが来ることは2万%ありません。

あわせて読みたい

  1. yaseibakudan
  2. chika
  3. dekapu

著者プロフィール

玉井 健太郎(たまけん)

関西出身の東京在住。

人生やばいと思って勢いで大学4年の頃にインターネットビジネスで起業し、3ヶ月で1千万円稼ぐものの、「仕事=労働」という枠を越えない限りは、「フリーターもリーマンも成功者も結局おんなじやん」ってことに気づき、そこから毎日鬼のように考えさせられる日々を送る。

で、なんやかんやあって「働き方を自分自身で再定義してやることでそういう枠から抜け出せる」ということに気づき、今はパソコン1台で起業することを教えながら、枠から抜け出すことが及ぼす人生に対する超絶なインパクトを、1人でも多くの人に伝えるべく活動中。

RETURN TOP